【塾講師ってどんな仕事?】現役塾講師が仕事の内容を詳しく紹介

大学生

こんにちは。パンダです
家庭教師と塾講師をしています

塾講師をしていると、卒業した大学生から時々こんな質問をされます

学習塾に就職しよう思っているので、仕事の内容を教えてもらえませんか?

塾講師のアルバイトをしたいけど、教える仕事って大変ですか?

などなど…

大学生や就活生にとって、塾講師は身近な職業ですので、関心がある人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では

塾講師の仕事の内容についてお話したいと思います

アルバイトで塾講師をしたい大学生や、学習塾に就職を考えている就活生の皆さん、是非参考にしてみてください

【塾講師の仕事】1日の業務の流れ

uwekern / Pixabay

まずは、塾講師のある一日の業務内容をご紹介します。

1日のタイムスケジュール

日によって多少の違いはありますが、これを見て、一日の流れをイメージしてみてください

  • 午後1時30分:出勤
  • 午後1時30分~2時:職員会議
  • 午後2時~:教室の掃除や授業の準備、保護者対応など
  • 午後4時~午後6時:小学生の授業
  • 午後6時~7時:休憩
  • 午後7時~午後10時:中学生の授業
  • 午後10時~10時30分:生徒の見送りと片付けをして終業

ざっくりと、このようなイメージです

もちろん、曜日によって担当する授業が無い時間があります
その時間を使って次の授業の準備をしたり、生徒から預かった宿題の確認をしたりします
また、保護者からの電話相談などがあるときは、このような時間を使って対応します

塾講師の業務内容

塾講師の業務内容をまとめてみました
主に、3つの業務があります

  • 授業の準備
  • 授業での指導
  • 保護者対応

この3つの業務に大半の時間を割いていますね

自分が担当する授業での指導と、そのための準備はイメージしやすいかもしれませんが、3つ目の保護者対応は少しイメージしにくいかもしれませんね

しかし、塾講師の業務の中で、保護者対応に割く時間は皆さんが思っている以上に多いかもしれません

保護者対応に追われることも

保護者対応って、実際にはどんなことをするの?

保護者の方からの相談に答えることが主な内容です

子どもの成績、生活態度、受験に関する悩みなど、保護者の方から様々な相談が日々寄せられます

必ずと言っていいほど、毎日電話での対応を行いますし、授業前や授業後に保護者と直接話すことも日常茶飯事です
学期末に行われる二者面談や、受験前の進路相談などとは別に、このように日々保護者と話す機会が多いのが、塾講師の業務の特徴だと言えます

塾講師に似た仕事に家庭教師がありますが、家庭教師よりも担当する生徒の人数が多くなる分、塾講師は保護者対応に時間を割くことが多くなります

【塾講師の仕事】やりがいを感じる瞬間

そんな塾講師の仕事ですが、どんな時にやりがいを感じるのでしょうか?

14年間にわたって塾講師をしてきた私がやりがいを感じる瞬間をまとめてみました

  • 子どもたちと過ごす時間が楽しいと感じる時
  • 生徒や保護者から成績が上がったと感謝される時
  • 志望校に合格し、共に喜びを分かち合える時

ひょっとすると想像通りかもしれませんね

生徒や保護者からの感謝される喜び

どんな仕事をしていても、誰かに感謝される時ほどうれしいことはないと思います

そういう意味では、塾講師という職業は生徒だけでなく、保護者からも感謝される仕事ですから、その分やりがいを感じることができる職業だと思います

ちなみに、小学校の4年生や5年生から学習塾に通う生徒の場合、中学卒業まで5年や6年にわたって指導することがあります
その間、成績や交友関係、学校での悩みなど、様々なことを一緒に乗り越え、高校受験を共に戦い、卒業していく時の安堵と達成感は、言葉では言い表せないものがあります

たとえ大学生でも、かけがえのない経験に

このようなやりがいは、プロの先生に限らず、大学生のアルバイトの先生でも共通して感じることができるものだと思います

たとえ大学生の先生でも、生徒にとっては先生に変わりはありません
強い責任感を持って指導することで、生徒や保護者との間に信頼関係が生まれ、きっと一生忘れることのできないかけがえのない経験ができると思います

こんなところが大変

Tumisu / Pixabay

塾講師の大変なところって何だろう…

塾講師という仕事の大変なところをご紹介します

塾講師をしていて、日頃それほどストレスを感じることはありません

しかし、ほとんどの塾講師が大きな悩みを抱えて指導を行っていると思います

それは、生徒それぞれの成績を上げる方法を見つけることです

個人的な意見ですが、塾講師の大変なところは、生徒の成績を上げなければいけないことです

塾講師に求められるスキルとは?

塾講師に最も求められるスキルって、なんだと思いますか?
  • 教え方が上手
  • 楽しい授業ができる
  • 子どもたちから人気がある

確かにどれも必要なスキルですが、最も求められるスキルとは言えません

正解は

その学習塾に通う生徒の成績を上げるスキルです
なぜなら、学費を払う保護者が授業料を払って子どもを学習塾に通わせる理由が、成績を上げてほしいからなのです
そのために、塾講師は常日頃から生徒の成績が上がるような授業をしなければいけません

生徒の成績を上げる方法を考えることが仕事

とはいえ、生徒全員がすぐに成績が上がるほど、簡単な仕事ではありません

成績が上がらない生徒の原因を考え、対策を練る必要があります
家庭での学習時間が足りないなら、増やすように指導し、宿題の達成度が低いならば宿題をするように指導します

このような指導を一人ひとりに対して、長期的に根気強く行う必要があり、常にどうすれば成績が上がるのかを考えながら生活するようになってしまいます
熱心な塾講師ほど、生徒一人ひとりの成績が上がる方法を一生懸命考えてしまい、パンクしてしまうことがあります

生徒の成績が上がらない時は、自分の責任だと抱え込まず、周りの講師や上司に相談するようにしましょう

まとめ

今回の記事では

塾講師の仕事の内容についてお話ししました

業務内容ややりがい、そして大変なところなどをご紹介しました
ここまで読んでみて、少しでも塾講師に興味を持ったなら、まずはアルバイトから始めてみることをおすすめします

他の記事でも紹介していますが、塾講師や家庭教師といった「他人に何かを教える仕事」は、将来学校の先生にならない人でも、非常に価値のあるスキルを身に着けることができる仕事です

塾講師に興味があるなら、あなた自身がやりがいを感じられるのかをアルバイトを通じて確認してみてほしいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました