【対面との違いは?】オンライン家庭教師のメリットとデメリット

小学生

インターネットを使ってオンラインで受講できる「オンライン家庭教師」には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

中学生の母親
中学生の母親
  • オンライン家庭教師の特徴は?
  • 対面指導と同程度の効果は期待できるの?
  • メリットとデメリットは?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容
  • オンライン家庭教師の特徴は?
  • 対面指導と同程度の効果は期待できるのか?
  • オンライン家庭教師のメリットとデメリットは?
家庭教師
家庭教師

家庭教師として、15年にわたって小・中・高校生を指導している、筆者が解説します。

【対面指導との違いは?】オンライン家庭教師の特徴

中学生の母親
中学生の母親

対面指導の家庭教師との違いは?

2020年からのコロナ禍の影響を受けて、小・中・高校生の学習塾や家庭教師といった習い事の形態にも大きな変化が訪れました。

感染予防という観点だけにとどまらず、一人ひとりに合った受講の在り方が見直されつつあります。

そんな中で、昨今注目を集めているのが「オンライン指導」と呼ばれる学習形態です。

とりわけ、オンライン家庭教師の人気は急騰し、多くの家庭教師派遣会社がオンラインでの指導体制を整えつつあります。

【オンライン家庭教師】対面指導と比較した特徴は?

従来の「対面指導の家庭教師」と比べて、「オンライン家庭教師」にはどのような特徴があるのでしょうか?

そこで、「対面指導の家庭教師」と比較した、「オンライン家庭教師」の特徴をまとめてみました。

  • 特徴①:対面指導と同程度の効果は期待できない。
  • 特徴②:対面指導よりもコストパフォーマンスが高い。
  • 特徴③:今後、サービス内容や講師の質が上がると予想される。

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

特徴①:対面指導と同程度の効果は期待できない

1つ目の特徴は、「対面指導と同程度の効果は期待できないこと」です。

オンライン家庭教師について、多くの保護者が不安に感じていることが、画面越しの指導である分、対面に比べて指導が行き届かなかったり、十分な理解に繋がらないことではないでしょうか?

確かに、「オンライン家庭教師」では、「対面指導の家庭教師」と同程度の効果を期待できないのが現実です。

実際に、オンライン家庭教師として指導している筆者自身、対面指導に比べてオンライン指導ではコミュニケーションの難しさを感じることが多々あります。

特に、オンライン指導に慣れない生徒の場合、こちらの意図することを理解するまでに時間を要することも珍しくありません。

また、生徒の手元がはっきり見えないため、誤りを見落とすことや、対面では気付けることに気付けないなど、指導の効率や効果が下がることがあります。

特徴②:コストパフォーマンスが高い

2つ目の特徴は、「対面指導よりもコストパフォーマンスが高いこと」です。

オンライン家庭教師の最大の魅力は、住んでいる場所に関わらず全国の優秀な家庭教師の指導を受講できることです。

しかも、「オンライン家庭教師」は、平均的に「対面指導の家庭教師」の半分以下の費用で利用することが可能です。

こうした利点をうまく活用すれば、対面指導よりも安い費用で優秀な家庭教師の指導を受講できるため、コストパフォーマンスが高いサービスだと言えます。

特徴➂:今後、サービス内容や講師の質が上がる

3つ目の特徴は、「今後、サービス内容や講師の質が上がっていくサービスだということ」です。

今後、オンライン家庭教師の利用が増えることが見込まれ、結果的に多くの講師がオンライン指導に従事すると考えられます。

そのため、コロナ禍に限らず、今後のオンライン家庭教師のサービス内容や講師の質がさらに上がることが予想されます。

実際に、オンライン家庭教師におけるデメリットと指摘されている点が徐々に改善、解消されつつあります。

オンライン自習室を設けたり、受講に必要な機器を無料レンタルするなど、サービスの向上が見られるようになりました。

「コスパ重視」ならおすすめ!

以上、上記の3つの特徴を踏まえた、「オンライン家庭教師」のまとめです。

「オンライン家庭教師」は、「対面指導の家庭教師」と同程度の効果は期待できないが、費用に対するコストパフォーマンスの高さや、今後のサービス向上に期待すると、現時点でも十分に利用価値がある。

特に、中学生や高校生の場合、他の習い事との兼ね合いや、高校・大学受験対策に利用するという面など考慮すると、コストパフォーマンスを重視するのであれば、「対面指導の家庭教師」よりも「オンライン家庭教師」の方がマッチする子どもも少なくないと思います。

家庭教師
家庭教師

オンライン家庭教師を利用する目的やメリット、デメリット、そして費用対効果を踏まえ、必要に応じてオンライン家庭教師を検討されることをおすすめします。

【オンライン家庭教師】メリットとデメリットは?

中学生の母親
中学生の母親

オンライン家庭教師のメリットとデメリットは?

個人的にもおすすめなオンライン家庭教師ですが、メリットとデメリットが気になります。

ここでは、オンライン家庭教師として実際に小・中・高校生にオンライン指導をしている筆者が、家庭教師目線で指摘する「オンライン家庭教師のメリットとデメリット」について解説します。

オンライン家庭教師のメリット

まずは、オンライン家庭教師のメリットから見ていきましょう。

数多くのメリットがありますが、その中でも「対面指導の家庭教師」よりも優れている点をまとめてみました。

  • メリット①:新型コロナウイルスの感染リスクがない。
  • メリット②:全国の優秀な講師の授業を受講できる。
  • メリット③:保護者が不在でも受講できる。
  • メリット④:交通費や講師への気遣いが不要。
  • メリット⑤:場所を選ばず利用できる。

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

メリット①:新型コロナウイルスの感染リスクがない

1つ目のメリットは、「新型コロナウイルスの感染リスクがないこと」です。

自宅でオンライン指導を受講するため、新型コロナウイルスの感染リスクがまったくありません。

また、学習塾のように多人数が利用する施設では、感染拡大時には建物閉鎖や一定期間の休校を余儀なくされることがあります。(2020年4月の緊急事態宣言時には、多くの学習塾が休講に追い込まれました)

しかし、そのような影響を受けることがないオンライン家庭教師では、新型コロナウイルスの感染状況の影響を受ける心配がありません。

メリット②:全国の優秀な講師の授業を受講できる

2つ目のメリットは、「全国の優秀な講師の授業を受講できること」です。

「対面指導の家庭教師」の場合、こちらの要望に該当する講師が見つからないこともあります。

しかし、オンライン家庭教師なら、講師を全国規模で探すことができるため、こちらの要望にピッタリな講師が見つかる可能性も高くなります。

メリット➂:保護者が不在でも受講できる

3つ目のメリットは、「保護者が不在でも受講できること」です。

「対面指導の家庭教師」では、講師が自宅へ訪問するため、保護者が在宅している必要があります。

しかし、オンライン家庭教師なら、保護者が不在でも問題はありません。

指導報告は、指導後に講師から保護者へメールなどを利用して行います。

メリット④:交通費や講師への気遣いが不要

4つ目のメリットは、「交通費や講師への気遣いが不要なこと」です。

「対面指導の家庭教師」では、お茶やお菓子の用意、部屋の掃除など、講師の訪問に備えて気を遣う保護者がほとんどです。

しかし、オンライン家庭教師なら、このような講師への気遣いは一切必要ありません。

また、講師に支払う交通費も不要なため、経済的にも負担軽減に繋がります。

メリット⑤:【離島・地方・海外】場所を選ばず利用できる

5つ目のメリットは、「場所を選ばず利用できること」です。

オンライン家庭教師は、インターネット環境さえあればどこでも利用することができます。

近くに学習塾が無い、家庭教師派遣会社から講師を派遣してもらえない、そんな場所でもオンライン家庭教師なら問題ありません。

親の仕事の都合で海外転勤になっても、何ら問題はありません。海外で生活しながら、オンラインで受講することが可能です。

オンライン家庭教師のデメリット

続いて、オンライン家庭教師のデメリットです。

「対面指導の家庭教師」よりも劣っている点をまとめてみました。

  • デメリット①:画面越しのコミュニケーションによるハンデ。
  • デメリット②:インターネット環境と使用機器の準備が必要。
  • デメリット③:モチベーションの維持が難しい。

それぞれのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

デメリット①:画面越しのコミュニケーションによるハンデ

1つ目のデメリットは、「画面越しのコミュニケーションによるハンデ」です。

実は、画面越しのコミュニケーションそのものは、時間と共に慣れてきますので、そこまで問題はありません。

しかし、手元をカメラで写せない環境で受講している生徒の場合、対面指導では気付ける生徒の誤りや癖などを講師が気付けないことが多々あります。

こうした画面越しのコミュニケーションのハンデを少しでも減らすために、手元をカメラで写したり、「共有ノート」を使用できるサービスを検討されることをおすすめします。

デメリット②:インターネット環境や使用機器の準備が必要

2つ目のデメリットは、「インターネット環境とWebカメラやヘッドフォンマイクなどの使用機器を準備する必要があること」です。

もちろん、そうした環境が既に整っているならすぐに利用できますが、もし整っていないなら、利用開始前に準備する必要があります。

特に、オンライン家庭教師では、長時間にわたってインターネット回線を利用するため、インターネットの通信量を無制限のプランにする必要があります。

オンライン家庭教師での使用機器は、タブレットとパソコンが一般的ですが、会社によって使用機器が異なります。

そのため、オンライン家庭教師を選ぶ際には、使用機器を確認し、新たに機器を購入する必要があるのかを確認するようにしましょう。

また、使用機器を格安または無料でレンタルしている会社もあります。

家庭教師
家庭教師

オンライン家庭教師選びでは、こうした使用機器についても注意が必要です。

デメリット③:モチベーションの維持が難しい

3つ目のデメリットは、「モチベーションの維持が難しいこと」です。

オンライン家庭教師は、自宅で1人で勉強する時間が増えることもあり、モチベーションを維持することが難しい、という声をよく耳にします。

自宅に講師が訪問しないこともあり、部屋が勉強できる環境から程遠い場合や、なかなか勉強する気持ちになれないことが多いようです。

また、周りのライバルたちの姿が見えないことから、意欲的になれない、といった問題点が指摘されています。

まとめ

今回の記事では、「オンライン家庭教師のメリットとデメリット」について解説しました。

この記事のおさらいです。

オンライン家庭教師のメリット

  • メリット①:新型コロナウイルスの感染リスクがない。
  • メリット②:全国の優秀な講師の授業を受講できる。
  • メリット③:保護者が不在でも受講できる。
  • メリット④:交通費や講師への気遣いが不要。
  • メリット⑤:離島や地方、海外など、場所を選ばず利用できる。

オンライン家庭教師のデメリット

  • デメリット①:画面越しのコミュニケーションによるハンデ。
  • デメリット②:インターネット環境と使用機器の準備が必要。
  • デメリット③:1人なので、モチベーションの維持が難しい。

今後は、オンライン家庭教師の需要がさらに高まっていくことから、今以上にデメリットは改善、解消され、サービス内容や講師の質の向上が予想されます。

そんなオンライン家庭教師のメリット、デメリットを比較し、必要に応じてオンライン家庭教師の利用を検討してほしいと思います。

補足:【中学生向け】おすすめオンライン家庭教師

家庭教師歴15年の筆者が厳選する、中学生向けの「おすすめオンライン家庭教師」をまとめました。

オンライン家庭教師を検討されている方に参考になる記事です。

»【中学生向け】高校受験おすすめオンライン家庭教師7選

補足:【中学生向け】おすすめオンライン学習

家庭教師歴15年の筆者が厳選する、中学生向けの「おすすめオンライン学習サービス」をまとめました。

オンライン学習を検討されている方に参考になる記事です。

»【中学生向け】高校受験おすすめオンライン学習7選

コメント

タイトルとURLをコピーしました