【新中1・春休み課題】中学校の内容を勉強する方法とは?

小学生
受験生の母親
新中1の母親

入学前の春休み課題に中学校の内容が含まれているけれど、どうやって勉強すればいいの?
入学後の課題確認テストの結果は、1学期の成績に影響するの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 新中1・春休み課題に含まれる、中学校の内容を勉強する方法は?
  • 課題確認テストの結果は、成績に影響するのか?

家庭教師・塾講師として、16年にわたって小・中学生を指導している筆者が解説します。

【新中1・春休み課題】中学校の内容を勉強する方法とは?

ほとんどの私立中学では、新中学1年生を対象に入学前に春休み課題が出されます。簡単な作文だけという学校もあれば、本格的な春期テキストを解かせる学校もあります。

そして、学校によっては数学や英語の課題の中に、一部中学校の内容を含む場合があります。そのため、どうやって勉強すればいいのか、お困りの保護者の方も少なくないと思います。

結論としては、課題の内容に下記の中学校の内容が含まれているなら、何らかの方法で学習する必要があります。

  • 数学:正の数・負の数
  • 英語:be動詞、一般動詞

数学の正の数・負の数の単元では、これまでの算数にはなかった「0よりも小さい世界」という、新しい概念が含まれます。また、英語のbe動詞や一般動詞の単元では、小学校では学習しない、文法的な要素を含みます。

これらの新しい内容をお子さん自身が自分の力だけで理解することは、ほぼ不可能だと思います。

特に、下記の内容は、実際に指導していて、お子さん1人では理解が難しいと感じる内容です。

■ 数学
– 正の数・負の数の計算   (加法、減法、乗法、除法、四則演算)
■ 英語
– be動詞と一般動詞の違い

学校によっては、春休み課題の数学の内容が、すべて中学校の内容であることも珍しくありません。

しかし、学校側はその内容を理解しているものとして授業を進めていくため、たとえ未学習の内容であっても、ある程度は理解しておく必要があります。

中学校の内容を勉強する方法

上記でご説明したとおり、中学校の内容をお子さん1人で理解することは簡単ではありません。

そこで、保護者や兄弟が教えたり、必要であれば学習塾や家庭教師を利用することをおすすめします。最近では、Youtubeやインターネットのサイトを参考に勉強することもできます。

ただし、中学校の内容を理解するために、わざわざ参考書や問題集を買う必要はありません。

おすすめはオンライン家庭教師を利用する方法

保護者や兄弟など、家族が指導できない場合は、オンライン家庭教師を利用する方法がおすすめです。

その理由は、下記の通り。

  • 入会金などの初期費用が無料だから
  • 必要な回数のみ受講できるから

一般的な家庭教師派遣会社を利用すると、入会金などの初期費用が必要なほか、月々の費用が必要です。しかし、オンライン家庭教師なら初期費用が不要なだけでなく、必要な回数のみ受講できるため、費用を安く抑えることができます。

まずは自分の力で課題に取り組み、中学校の内容のみオンライン家庭教師を利用します。こうすることで、中学校の内容を理解することができ、安心して4月の入学を迎えることができます。

※無料体験を活用するという方法
まずは、オンライン家庭教師マナリンクの無料体験を活用しましょう。講師のプロフィール動画を視聴し、気に入った講師を自分で選べるので安心。その後は、必要な回数だけ受講できるのも嬉しいポイントです。
≫ オンライン家庭教師マナリンクの無料体験はこちら

※注意:学習塾の入塾や家庭教師の契約は入学後がおすすめ!
中学入学後を見越して学習塾や家庭教師の利用を検討していても、あわてる必要はありません。その理由は、時間割や部活動の有無など、中学入学後の生活リズムがはっきりしないためです。中学入学後でも決して遅すぎることはありません。

課題確認テストの結果は、1学期の成績に影響します

学校によっては、入学後に課題確認テストを行う学校もあります。

その場合、テストの点数が1学期の成績に影響する可能性が高いと考えられます。

むしろ、1学期の成績に影響しないなら、わざわざ課題確認テストを行う必要がありませんね。仮に、課題確認テストがなかったとしても、春休みの課題はしっかりと取り組むべきですが、課題確認テストがあるならなおさらです。

とはいえ、この辺りは学校によっても異なるので、一概には言えないというのが正直なところです。

まとめ

以上、入学前の春休み課題に、中学校の内容が含まれている場合の勉強法について解説しました。

繰り返しになりますが、春休み課題に中学校の内容が含まれているなら、その内容を入学までに理解しておく必要があります。

もちろん、同じ課題に取り組んでいる周りの同級生も、何らかの方法で中学校の内容を理解してきます。遅れを取らないためにも、春休み課題の内容をしっかりと理解し、自信を持って中学入学を迎えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました