【中3夏休み】自分で復習する!おすすめ受験勉強の方法とは?

中学生

夏期講習に参加する中学生が多い「中3の夏休み」ですが、自分で復習することはできないのでしょうか?

中学生
中学生
  • 「学習塾の夏期講習」では何を勉強するの?
  • 夏期講習を受講しない場合は、どんな勉強をすればいいの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 「学習塾の夏期講習」の内容とは?
  • 夏期講習を受講しない受験生が、夏休みに自分でするべき受験勉強とは?
  • 中3・夏休みの受験勉強に使える、おすすめの「市販の受験用問題集」とは?
家庭教師
家庭教師

塾講師・家庭教師として、15年にわたって高校受験対策を指導している、筆者が解説します。

「学習塾の夏期講習」その内容は?

中学生
中学生

「学習塾の夏期講習」では、どんな勉強をするの?

ここでは、塾講師歴15年の筆者が、「学習塾の夏期講習」の内容をご紹介します。

「中3・夏期講習」の内容は?

一般的な学習塾の「中3・夏期講習」では、中1から中3の1学期までの総復習を行います。

夏期講習の内容は、学習塾によって多少異なる点がありますが、多くの学習塾が共通して行っている内容が、中1からの総復習です。

ただし、時間的な問題から、中3の春期講習と夏期講習を使って総復習を行う学習塾や、入学試験に出題されやすい単元に絞って夏期講習を行う学習塾もあります。

なお、「中3・夏期講習」の詳しい内容については別の記事で紹介しています。気になる方は、「【中3夏期講習は必要?】塾講師が解説する内容とテキストとは?」の記事をどうぞ。

「夏期講習」は受講すべきか?

夏期講習は、必ずしも全員が受講する必要があるわけではありません。

特に、他の習い事が忙しい中学生や、普段学習塾に通っていない中学生にとっては、スケジュールが合わない場合もあります。

おすすめ!苦手な教科だけを受講する

学習塾によっては、特定の教科のみ夏期講習を受講できる場合があります。

そこで、夏休みの間に苦手教科を克服したい場合には、その教科だけ夏期講習を受講する方法があります。

ただし、夏期講習を受講する場合は、苦手教科の克服に効果が期待できそうか、カリキュラム内容を事前にしっかりと確認するようにしましょう。

夏期講習:「苦手克服」には不向き

苦手教科・苦手単元の克服には、「学習塾の夏期講習」はおすすめできません。

その理由は、個別指導塾や家庭教師とは異なり、分からない時に質問したり、自分のペースで学習することができないからです。

夏休みに苦手な教科や単元を克服したいなら、個別指導塾や家庭教師などの「個別指導」の方が効率よく復習することができるのでおすすめです。

なお、苦手な教科や単元を克服するためのおすすめ方法については、別の記事で紹介しています。気になる方は、「「集団塾」ではダメ!中学生の苦手教科克服のおすすめ方法とは?」の記事をどうぞ。

【夏期講習不参加】夏休みのおすすめ受験勉強とは?

中学生
中学生

「夏期講習」を受講しない場合、夏休みにどんな勉強をすればいいの?

夏期講習を受講せずに、夏休みに自分で受験勉強をする中学生も存在します。

そして、そんな中学生が志望校に合格することは十分可能です。

ここでは、夏休みに自分で受験勉強をする中学生向けに、おすすめの受験勉強の方法をご紹介します。

「夏期講習の内容」を自分で勉強する

夏期講習を受講しない中学生におすすめな受験勉強の内容は、学習塾の夏期講習の内容と同じです。

具体的には、「中1から中3の1学期までの総復習」をします。

その「ねらい」は、下記の通りです。

  • ねらい①:9月からの模擬テストを前に、基礎学力を定着させる。
  • ねらい②:受験シーズンまで半年もあるので、応用問題の重要度は低い。

以下、それぞれの「ねらい」について解説します。

ねらい①:基礎学力を定着させる

9月からは「五ツ木の模試」や「校内学力テスト」などの、模擬テストを受験する機会が増えてきます。

その際に重要なのが、基礎学力です。

どの教科も、中1からこれまでに学習した内容から幅広く出題されます。そんな模擬テストで点数を取るためには、全範囲をカバーできるだけの基礎学力が求められます。

家庭教師
家庭教師

中1からの総復習を行い、苦手な教科や単元をできる限り減らしておくことが重要です。

ねらい②:応用問題の重要度は低い

学習塾によっては、夏期講習で入試問題に近い応用問題を扱う学習塾も存在します。

しかし、受験シーズンまではまだ半年もあり、応用問題を解く必要性はそこまでありません。

9月以降の模擬テストや、冬期講習での過去問演習を通じて、徐々に応用問題や入試問題のレベルに慣れていけばよいのです。

家庭教師
家庭教師

夏休みに過去問を解きだす受験生もいますが、まずは総復習で基礎学力を定着させることに重点を置くべきです。

おすすめの「市販の受験用問題集」は?

中学生
中学生

どんな問題集を使えばいいの?

学習塾の夏期講習を受講しない場合、夏休みの受験勉強では「市販の受験用問題集」を使用します。

学習塾に通っていない中学生やその保護者の中には、「市販の問題集」は「学習塾の問題集」よりも劣っていると思う人がいるかもしれません。

しかし、「市販の問題集」の中には、「学習塾の問題集」に負けない優れた問題集が数多く存在します。

現に、「学習塾の問題集」を作っている出版社の中には、「市販の問題集」を販売している会社も存在します。ですので、夏休みの受験勉強には、安心して「市販の問題集」を使ってほしいと思います。

おすすめ「市販の受験用問題集」

ここでは、15年にわたって高校受験対策を指導している、筆者おすすめの「市販の受験用問題集」をご紹介します。

  • おすすめ市販問題集①:旺文社「中学総合的研究問題集」
  • おすすめ市販問題集②:受験研究社「中学自由自在問題集」
  • 旺文社「中学総合的研究問題集」
  • 受験研究社「中学自由自在問題集」

どちらの出版社も、問題集や参考書を専門に作っている出版社として有名です。

そして、私が実際に日頃の「家庭教師の指導時」に使用している問題集です。

それぞれの問題集に特徴がありますので、実際に書店で手に取って見られることをおすすめします。

「市販の受験用問題集」選び方のポイント
  • 問題集は、1社に統一する必要なし。※教科ごとに出版社が異なってもよい。
  • 自分自身が使いやすそうな問題集を選ぶ。
  • 各教科1冊ずつそろえる。
家庭教師
家庭教師

もし迷った場合は、今回ご紹介した2冊を検討してみてください。

なお、今回ご紹介した2冊の特徴については、別の記事で詳しく紹介しています。気になる方は、「【中3受験生向け】プロおすすめの市販の高校受験用問題集2選」の記事をどうぞ。

「9月からの模擬テスト」に備える

受験勉強とは別に、中3の受験生が夏休みにすべきことがあります。

それは、「9月からの模擬テスト」に備えることです。

学習塾に通っていると、塾の先生から9月の模擬テストの案内があります。ところが、学習塾に通っていなかったり、夏期講習を受講しなかった場合、そうした模擬テストの案内を耳にする機会がありません。

しかし、9月以降の模擬テストの受験は、受験生にとって必須事項です。特に、夏休みの受験勉強の成果を測る9月の模擬テストは、必ず受験することをおすすめします。

おすすめ「模擬テスト」は?

中学生
中学生

9月以降に受験する、おすすめの「模擬テスト」は?

個人的には、五ツ木書房が主催する「中3五ツ木の模擬テスト会」がおすすめですが、都道府県ごとに公立高校受験対策に特化した模擬テストもあります。

9月以降に、どの回を受験するか、夏休みの間に模擬テストのスケジュールを考えましょう。

なお、「中3五ツ木の模擬テスト会」の受験方法については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【中3五ツ木模擬テスト】どの回?何回?おすすめ受験方法とは?」の記事をどうぞ。

※補足:「高校入試の過去問」夏休みに解く必要はない

中学生
中学生

夏休みに、志望校の「入試問題の過去問」を解いた方がいいの?

夏休みに入ると、志望校の「入試問題の過去問」を解きだす受験生がいます。

しかし、夏休みに志望校の「入試問題の過去問」を解く必要はありません。

その理由は、「入試問題の過去問」は、夏休みの受験勉強に適さないからです。

「入試問題の過去問」夏休みの受験勉強に適さない

入試問題は、学校ごとに特徴があります。その過去問を中心に勉強をすると、どうしても勉強内容に偏りがでます。

一方、志望校は今後変更する可能性があります。したがって、夏休みの受験勉強に出題内容に偏りがある志望校の「入試問題の過去問」を使用することは危険です。

先ほどもお話ししたように、受験シーズンまで半年間あります。その夏休みにすべきことは、基礎学力の定着であり、志望校の「入試問題の過去問」は夏休みの受験勉強には適しません。

「入試問題の過去問」は冬休みからでよい

中学生
中学生

志望校の「入学試験の過去問」は、いつから解き始めるの?

志望校の「入試問題の過去問」は、冬休みから解き始めます。
※学習塾でも、志望校の「入試問題の過去問」は冬休みから解き始めます。

「冬休みから」と聞くと少し遅く感じるかもしれませんが、中3の2学期は学校での校内学力テストや外部の模擬テスト、中間・期末テストと大忙しです。そのため、志望校の「入試問題の過去問」を解いている時間はほとんどありません。

実際に、2月に受験する私立の志望校を最終決定するのが12月の頭ですから、過去問を解き始めるのは12月の中旬か冬休みからでも、決して遅くはありません。

なお、志望校の「入試問題の過去問」のおすすめ勉強法については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【小6・中3受験生】プロおすすめ!入学試験の過去問「赤本」の勉強法」の記事をご参照ください。

まとめ

今回の記事では、「中3受験生が、夏休みに自分でできる受験勉強の方法」について解説しました。

この記事のおさらいです。

  • 「学習塾の夏期講習」の主な内容は、中1から中3の1学期までの復習。
  • 夏期講習を受講しない場合、「市販の問題集」を使って総復習を行うのがおすすめ。
  • 夏休みの間に、9月以降の模擬テストについて調べる必要がある。
  • 志望校の「入試問題の過去問」は、夏休みの受験勉強には適さない。

夏期講習の内容や、夏休みに自分でできる受験勉強の内容がお分かり頂けましたか?

学習塾に通っていない中学生はもちろん、夏期講習を受講しない中学生は、この記事を参考に中1からの総復習に励んでほしいと思います。

最後に、高校受験対策に役立つ、おすすめ情報をまとめておきます。

高校受験対策用のおすすめ市販問題集

この記事でご紹介した、おすすめの「市販の受験用問題集」です。

  • 旺文社「中学総合的研究問題集」
  • 受験研究社「中学自由自在問題集」

それぞれの問題集の特徴については、「【中3受験生向け】プロおすすめの市販の高校受験用問題集2選」の記事をどうぞ。

「苦手教科の克服」おすすめ方法

»「集団塾」ではダメ!中学生の苦手教科克服のおすすめ方法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました