【小6・中3受験生】プロおすすめ!入学試験の過去問「赤本」の勉強法

小学生

中学受験や高校受験で使用する、入学試験の過去問を集めた問題集があります。一般的に、その見た目の色から「赤本」と呼ばれています。

受験生
受験生
  • 赤本はいつ買えばいいの?
  • 赤本はいつから解き始めるの?
  • ノートに解くの?赤本に直接解くの?
  • 何回解いたらいいの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 過去問題集「赤本」とは?
  • 赤本を解き始める時期は?
  • 赤本を使った、おすすめ勉強法とは?
家庭教師
家庭教師

塾講師と家庭教師として、15年にわたって受験指導をしている、筆者が解説します。

過去問題集「赤本」とは?

受験生
受験生

「赤本」って何?

ここでは、「赤本」をご存じでない方のために、赤本について説明します。

既に赤本をご存じの方は、この章はとばし、「『赤本』おすすめ勉強法は?」にジャンプしてください。

入学試験の過去問題集「赤本」

「赤本」とは、入学試験の過去問題集のことです。

各学校ごとに、直近数年分の入試問題を1冊の問題集にまとめています。

中学受験や高校受験、そして大学受験の受験用問題集として、多くの受験生に使用されています。

家庭教師
家庭教師
問題集の色が赤いことから、受験生や関係者の間では、「赤本(あかほん)」と呼ばれています。

「赤本」の内容は?

関西の場合、中学受験と高校受験で受験生が使用する赤本は、英俊社という出版社が販売している過去問題集を意味します。

» 赤本について、詳しく知りたい方は「英俊社」の公式サイトをご覧ください。

英俊社は、大阪市に本社を置く出版社で、主に近畿圏に加え、広島県、愛知県の私立・公立・国立の中学校と高等学校、高専の過去問を出版しています。

学校ごとに、直近の過去問が5年~6年分収録されていて、公立高校の場合、英語のリスニング問題を収録したCDが付いています。

この記事では、筆者が関西で指導していることから、この英俊社の赤本についてお話しします。
※関西以外に在住の方は、各エリアで販売されている過去問題集の勉強法だとお考え下さい。

なお、志望校の過去問を解くことの重要性については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【中学・高校受験】志望校の過去問を解くことが重要な3つの理由」の記事をご参照ください。

「赤本」おすすめ勉強法は?

受験生
受験生

「赤本」のおすすめ勉強法は?

ここでは、赤本を使った「おすすめ勉強法」をご紹介します。

「赤本」は冬休みから解く

まずは、赤本を解きだすタイミングです。

赤本は、毎年8月頃になると書店に並びだします。そのため、2学期に入ると学校や学習塾に赤本を持ってくる中学生が出てきます。

そんな赤本ですが、いつ頃から解き始めるのがよいのでしょうか?

結論としては、高校受験の場合、冬休みに入ってから解き始めることをおすすめします。

高校受験「赤本」は冬休みから解く理由
  • 2学期は、学校の校内実力テスト、中間・期末テスト、外部の模擬テストに集中するべきだから。
  • 赤本には、未学習である中3・2学期の単元が含まれるから。
  • 12月の頭までは、私立の志望校が決定していないから。

中3の2学期は、3年間で最も忙しい学期です。そんな時期に、まだ習っていない単元を含む赤本を解き始める必要はありません。

2学期が終了し、冬休みに入ってから赤本を解き始めても、遅すぎることはありません。12月の頭に私立の志望校を決定してから、赤本を解き始めることをおすすめします。
※公立高校の赤本は、2月の私立高校の入学試験終了後に開始します。

家庭教師
家庭教師

中学受験での、赤本の開始時期は下記を参考にしてください。

    小6受験生は、1月中旬に入学試験があることや受験生本人の年齢を考えると、9月以降に学習塾の先生や家庭教師と相談の上、赤本の開始時期を決定することをおすすめします。

なお、中3受験生のおすすめの冬休みの過ごし方については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【中3受験生におすすめ】合格するための冬休みの過ごし方とは?」の記事をご参照ください。。

夏休みは「赤本」を解かない

前の章でお話ししたように、高校受験の場合、赤本を解き始めるのは冬休みに入ってからで構いません。

もちろん、夏休みに赤本の問題を数問解いてみることは一向に構いません。

ただし、夏休みの受験勉強の内容としては、赤本を使った勉強は適していません。

夏休みは、3年間の総復習や、9月以降の模擬テストに向けた勉強をする必要があるためです。

なお、夏休みの受験勉強の具体的な内容については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【中3夏休み】自分でできるおすすめ高校受験勉強の方法とは?」の記事をご参照ください。

【赤本のおすすめ勉強法】3つのポイント

ここでは、赤本のおすすめ勉強法について、3つのポイントにまとめました。

  • ポイント①:ノートに解く。
  • ポイント②:3回繰り返して解く。
  • ポイント③:ノートにやり直しをする。

上記の3点が、赤本を解く上でのポイントです。

この3点を実践できれば、限りなく志望校の合格が現実味を帯びてきます。

以下、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:赤本に直接ではなく、ノートに解く

1つ目のポイントは、「赤本に直接ではなく、ノートに解くこと」です。

その理由は、赤本の過去問を3回繰り返して解くためです。

赤本に直接解いてしまうと、2回目以降に解く際のヒントになってしまいます。

また、数学や理科の問題では、途中の計算過程もノートに書いておくことで、間違った際の見直しにも役立ちます。

家庭教師
家庭教師

ノートに解く際には、次の内容をヒントに解いてみましょう。

  • ページの上段部に、年度や教科、何回目かなど、必要な情報を書きます。
  • 丸付けをして、点数を計算します。
家庭教師
家庭教師

点数の算出方法は、下記の計算式を用いると便利です。

点数 (100点満点) = (正解した問題数) ÷ (問題の総数) ×100
※問題の配点を使わずに、正解した問題の割合で点数を算出します。

  • ノートの最終ページに、「点数一覧表」を作り、年度別、教科別、回数別に点数を記録します。
家庭教師
家庭教師

一覧表を作ることで、点数の変化が一目で分かります。

ポイント②:3回繰り返して解く

2つ目のポイントは、「赤本を3回繰り返して解くこと」です。

公立高校の入学試験では、5教科受験が基本です。

1年あたり5教科の過去問を解くため、5年分なら計25回分の過去問を解きます。

それを3回繰り返すと、合計で75回分の試験問題を解くことになります。

1回目はほとんど解けなくてよい

初めて赤本を解くと、思った以上に解けなかったり、分からない問題がたくさん出てきます。

そして、半分も解けない受験生がほとんどです。

しかし、1回目はほとんど解けなくて構いません。

その理由は、ほとんどの受験生が、1回目は30点~50点が当たり前だからです。

そして、1回目で30点台でも、3回目で90点台を取ることは十分に可能です。

家庭教師
家庭教師

そうやって、志望校に合格する受験生を長年にわたって見てきました。

なぜ、3回も繰り返すのか?

入学試験の前に、「ちょこちょこっと赤本を解いた」とか、「毎日赤本を眺めた」という受験生はたくさんいます。

一方で、「赤本を3回繰り返して解いた」という受験生は、なかなかいません。

入学試験の問題は、学校ごとに出題傾向が異なります。5年分の過去問を3回解くことで、これから自分が受験する学校の入学試験の出題傾向が自然と頭に叩き込まれます。

反対に、繰り返して解かなければ、その出題傾向を頭に叩き込むことはできないのです。

大切なことは、学習塾で使用する「入試直前対策問題集」を解くことではなく、 赤本を繰り返し解き、これから戦う敵を徹底研究することなのです。

家庭教師
家庭教師

だから、赤本は1回でも2回でもなく、3回解かなければいけないのです。

時間を計るのは3回目だけでよい

赤本を解く際、時間を計るのは、最後の3回目だけで構いません。

「時間のチェック」3回目だけでよい理由
  • 1回目:時間を計っても、分からない問題ばかりで時間が余るから。
  • 2回目:1回目の復習ができているかを確認することが目的だから

もちろん、1回目や2回目に参考として時間を計っても構いませんが、あくまで過去問を解くこと、過去問に慣れることに重点を置くようにしましょう。

家庭教師
家庭教師

「試験時間を気にして解く」練習は、2学期以降の模擬テストで鍛えられますから、そこまで気にする必要はありません。

ポイント➂:ノートにやり直しをする

3つ目のポイントは、「不正解だった問題のやり直しをすること」です。

たとえ過去問を3回繰り返して解いたとしても、ただ解いているだけでは学力は定着しません。

どうすれば1回目より2回目、2回目より3回目の点数が上がるのでしょうか?

その答えは、「不正解だった問題のやり直しをすること」です。

「やり直し」方法が重要

「やり直し」と一言で言っても、その方法が重要です。
赤本には、年度ごとに試験問題の解説が載っています。そこで、不正解だった問題の解説を参考に、自分なりにノートにまとめます。
家庭教師
家庭教師

やり直しでの注意点です。

  • 赤本の解説を参考にやり直すしをする。
  • ただし、解説をただ丸写しをしても意味はない。
  • 後日見返したときに、自分が理解できるようにまとめる。

やり直しノートを毎日見直す

ノートにやり直しをした内容は、毎日のように見直すようにしましょう。

見直すことで不正解だった問題の正しい知識を習得し、2回目、そして3回目の点数アップに繋がります。

もちろん、2回連続で不正解だった問題は要注意です。何度もノートで復習することは勿論、ノートに要点を追記してもいいでしょう。

家庭教師
家庭教師

ノートにやり直しをし、そのノートを見直すことで、ライバルと圧倒的な差が生まれます。

補足:【入学試験の過去問】おすすめ問題集

入学試験・過去問の問題集には、この記事でご紹介した「赤本」のような、志望校の過去問を複数年分収録したタイプの他に、複数の学校の過去問を教科別に集めたタイプもあります。

複数の学校の過去問を解くことで、幅広い知識・学力が定着することはもちろん、より入学試験本番に強い実践力を鍛えることができます。

家庭教師
家庭教師

「志望校以外の過去問に挑戦したい」、そんな受験生におすすめな問題集です。

集英社「近畿の中学入試・高校入試」シリーズ

おすすめの問題集は、集英社の「近畿の中学入試・高校入試」シリーズです。

おすすめ理由は、全国ではなく、地域の学校の過去問を集めて収録しているため、実際に受験するかもしれない学校の過去問に触れることができるためです。

志望校が決まっていない時期や、特定の教科の強化に最適な問題集です。

近畿の中学入試 (標準編)

標準編と発展編があるため、志望校のランクに合わせて選ぶことができます。

近畿の中学入試 (発展編)

近畿の高校入試

まとめ

今回の記事では、「【小6・中3受験生】プロおすすめ!入学試験の過去問「赤本」の勉強法」をご紹介しました。

この記事おさらいです。
  • 入学試験の過去問「赤本」を解くのは、冬休みからでよい。
  • ポイント①:赤本はテキストに直接ではなく、ノートに解く。
  • ポイント②:赤本は3回繰り返して解く。
  • ポイント③:やり直しをノートにする。

中学受験や高校受験の入学試験は、学校ごとに出題傾向が大きく異なります。

その入学試験の過去問である「赤本」を研究することが、受験での合否に大きく影響します。

そんな、赤本の勉強法に、この記事が参考になれば幸いです。

最後に、中学受験と高校受験の参考になるおすすめ情報をまとめておきます。

【中学受験】おすすめ参考書「自由自在」

中学受験での社会と理科の基礎学力の定着には、増進堂・受験研究社が出版している「自由自在」がおすすめです。

なお、自由自在がおすすめな理由については、下記の記事をご参照ください。

»【中学受験対策】プロがおすすめする参考書「自由自在」とは?

【高校受験】おすすめ市販問題集

冬休みに使用できる高校受験用のおすすめ市販問題集については、下記の記事をご参照ください。

»【中3受験生向け】プロおすすめの市販の高校受験用問題集2選

社会・理科の時事問題対策に!「時事問題に強くなる本」

冬休み以降の受験勉強で使用する、おすすめの時事問題対策用の問題集です。

なお、「時事問題に強くなる本」を使った受験勉強の方法については、下記の記事をご参照ください。

»【中学・高校受験】社会・理科のおすすめ時事問題集とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました