【浜学園】日曜特訓は全科目を受講する必要はない理由【受講のポイントも解説】

※記事内にプロモーションを含む場合があります。

受験生の母親
日曜特訓を受講するか迷っている浜学園生の母親

日曜特訓って必要なのかなぁ…。日曜特訓は全科目を受講した方がいいの?おすすめの受講方法も教えてください。

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、家庭教師での浜学園公開テスト対策の指導歴18年ほど。これまでに、100人以上の浜学園生を指導してきました。

この記事では、そんな筆者の経験を踏まえて、日曜特訓は全科目を受講する必要はない理由について解説します。また、日曜特訓を受講する際のポイントについても解説します。

※日曜特訓を受講するかどうか、お悩みの浜学園生の保護者に参考になる記事です。

なお、日曜特訓の基本情報を知りたい方は、公式サイトをご参照ください。

日曜特訓は全科目を受講する必要はない理由

日曜特訓の案内をもらって、「日曜特訓って受けないといけないの?」と思っている保護者も少なくないはず。

実際、家庭教師をしていると、生徒の保護者から、

  • スケージュール的にキツい
  • 体力的にもキツい
  • 本当に必要ですか?

といった声をよく耳にします。

確かに、浜学園生はただでさえ忙しいので、日曜特訓を受講するかどうか躊躇する保護者は少なくありません。

そして、個人的にも日曜特訓は全科目を受講する必要はないと思います。

全科目を受講する必要はない理由

全科目を受講した場合の1日の受講時間が長すぎるからです。

小学生にとって、午前10時から午後9時10分まではあまりにも長過ぎます。また、1科目120分という講習時間も長過ぎます。

もちろん個人差があるので、体力的に問題がない小学生もいるでしょう。

しかし、集中力はどうでしょう?

これだけ長時間にわたって受講して、集中力が持続するのか?一体どれだけのことが頭に入っているのか?疑問を感じます。

  • 同級生が全科目受講しているから
  • 浜学園の先生に「全科目を受講した方が良い」と言われたから

上記のような理由で全科目を受講しようと考えているなら、考え直しても良いかもしれません。

結論:必要な科目だけ受講すれば良い

結論としては、日曜特訓は受講科目を選べるので、必要な科目だけを受講すれば良いと思います。

お子さまのスケジュールを考慮しつつ、体力的に無理のない範囲で上手に活用すれば良いわけです。

無理に全科目を受講してノイローゼになったり、かえってモチベーションが低下する受講生も少なくないので注意してください。

具体的な受講のポイントについては、次の章で詳しく解説していきます。

日曜特訓を受講する際の3つのポイント

ここからは、日曜特訓を受講する際のポイントについて解説していきます。

受講する際の3つのポイント

  • ポイント①:必要な科目だけ受講する
  • ポイント②:体力・集中力を考慮して受講科目を決める
  • ポイント③:不要なら無理に受講しない

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

ポイント①:必要な科目だけ受講する

これは、先ほど触れたとおりです。

「日曜特訓の案内」を見ると、コース別に各科目の学習内容が載っています。そこで、学習内容を確認した上で必要な科目だけを受講します。

個人的には、苦手科目を中心に受講することをおすすめします。

参考:個人的には国語がおすすめ

その理由は、国語の読解力を上げるためには、文章問題を数多く解く必要があるからです。

日曜特訓を受講すれば初見の文章問題を解く機会に恵まれるので、受講する意味があるわけです。

裏を返せば、それ以外の科目は日曜特訓を受講しなくても、テキストを使って自分で復習できるということです。

ポイント②:体力・集中力を考慮して受講科目を決める

先ほども触れたように、長時間に及ぶ全科目受講は相当な体力の消耗が懸念されます。集中力も持続しません。

そこで、お子さまの体力や集中力を考慮して、無理のない範囲で受講科目を決めてください。

また、たとえ受講科目が少なくても空き時間が長くなるのも避けるべきです。モチベーションの低下が懸念されます。

体力や集中力には個人差があります。周りと比較するのではなく、お子さまの体力と集中力を考慮して受講科目を決めることが大切です。

ポイント③:不要なら無理に受講しない

学校や学習塾がない日曜日は、まとまった時間が確保できる貴重な1日です。

そんな貴重な時間を投資するなら、それなりのリターンがなければ受講する意味がありません。

受講するか迷ったり、必要性を感じないなら、思い切って受講しないという選択をすることも大切です。

また、お子さまのモチベーションにも注意が必要です。これまで休日だった日曜日が潰れることで、かえってモチベーションが低下する恐れがあります。

身体的・精神的な休養を十分に取ることも、受験生にとっては大切ですよ。

よくある質問:公開テストの偏差値アップに効果がありますか?

結論として、効果がないわけではありませんが、日曜特訓はあくまでも志望校合格に向けた特訓です。

公開テストの偏差値アップには、公開テスト対策を専門に指導するプロ家庭教師を併用する方が効果が期待できると思います。

個人的にも、公開テストの成績でお悩みなら、日曜特訓よりもプロ家庭教師の併用をおすすめします。

なお、プロ家庭教師の併用で公開テストの偏差値がアップする理由については、「【浜学園】公開テストの偏差値を最短でアップさせる方法【プロが解説】」の記事で解説しています。

というわけで、今回は以上です。

あくまで、筆者の個人的な意見ですが、日曜特訓は全科目を受講する必要はありません。

お子さまの体力や集中力を考慮しつつ、必要な科目だけを受講すれば良いのです。

この記事が、多少なりとも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました