要注意!浜学園公開テストの自宅受験で気をつけるべき3つのこと

小学生

新型コロナウイルスの影響で、4月の浜学園の公開テストは自宅受験となりました。また、5月の公開テストも自宅受験が決定しました。

  • 自宅受験での注意点を知りたい。
  • 試験の結果は?偏差値は分かるの?
パンダ先生
パンダ先生

このような疑問にお答えします。

例年とは異なる形での受験に、受験生も戸惑いがありますし、保護者にとってもいつまでこの状況が続くのか心配ですね。

私自身、家庭教師として浜学園に通うの小学校6年生を担当していますが、今回の公開テスト自宅受験でいくつか課題点が見えてきました。

そこで、今回の記事では

【浜学園の公開テスト】自宅受験で気をつけるべき3つのこと
というテーマでお話ししたいと思います。

浜学園の公開テストを自宅受験する際に、注意してほしい内容をまとめました。

この記事の内容
  • 浜学園の公開テストを自宅受験する際の注意点とは?
  • 試験結果や答案の返却は?
  • 偏差値は分かるのか?
パンダ先生
パンダ先生

家庭教師として、10年以上にわたって公開テスト対策を指導している、私パンダが解説します。

※新型コロナウイルス感染症対策での自宅受験措置に関わらず、何らかの理由で自宅受験する場合にも参考になる記事です。

自宅受験で注意したい3つのこと

自宅受験に際し、浜学園から注意事項の説明は当然あります。

その説明に則って自宅受験を行えばよいのですが、家庭教師という立場から例年の受験生と比較して、これだけは注意が必要!という内容について紹介したいと思います。

  • 注意点①:受験環境を徹底する。
  • 注意点②:答案は浜学園へ郵送する。
  • 注意点➂:偏差値ではなく点数で目標を設定する。

上記の3点が、普段の会場受験とは異なる注意点です。

そして、この3点について注意して行うことが、自宅受験でも大きな成果を得るポイントだと思います。反対に、この3点を怠ってしまうと、普段の会場受験での公開テストと同等の効果は期待できません。

以下、それぞれの注意点について詳しく解説します。

自宅受験の注意点① ▶受験環境を徹底する

まずは、受験環境の徹底です。

浜学園の公開テストは、元来「時間が足りないこと」で有名です。

中学入試の特徴である、易しい問題と難しい問題を混ぜ込んだ模擬試験であるため、時間配分や問題選択が重要になってきます。例年、受験生たちは公開テストを通じて、限られた試験時間の中で解く問題と解かない問題を選別し、試験時間をマネージメントする力を養います。

ところが、自宅受験の場合、正確に試験時間を計らなかったり、試験時間が過ぎたにも関わらず、答案中のの問題を最後まで解きたくなるものです。中には、カンニング行為をしてしまう受験生もいるかもしれません。

このような環境下で自宅受験を行っているなら、本当の学力を測ることはことなど到底できませんし、本来の公開テストから得られる効果は期待できません。

自宅受験である以上、通常の公開テストと全く同じ緊張感や雰囲気の中で受験をすることは不可能ですが、少しでも最大の効果を得るためには、

保護者の監視や試験時間の徹底管理などを厳しく行う必要があります

子どものためにも厳しくする必要があるのですね。

保護者の方の協力が不可欠ですね。

自宅受験の注意点② ▶答案は浜学園へ郵送する

次に注意すべきことが、答案の郵送です。

自宅受験の後、答案用紙一式を浜学園へ郵送すると、浜学園の先生が採点を行い返送してもらえます。

中には、答案を郵送せず自己採点をする受験生もいるようですが、答案用紙は必ず浜学園へ郵送しましょう。
※自宅受験をする際には、浜学園から答案用紙の提出については、その都度指示があります。

どのような方法であれ、浜学園へ提出すべき理由は下記の2点です。

  • 提出する理由①:自己採点ではどうしても完璧な採点ができない可能性があるから。
  • 提出する理由②:採点の他に先生からコメントが書かれて返送される場合があるから。

やはり、毎年のように浜学園の公開テストを目にしている先生方のコメントから復習のヒントが得られますし、自分自身の現状を浜学園の先生に把握してもらうことも、今後の受験対策の中で重要なことです。

塾が休校になり、普段会うことがないからこそ、先生に現状を知ってもらうには答案用紙を郵送することが大切だと思います。

答案を郵送することは大切なんだ!

自宅受験の注意点➂ ▶偏差値ではなく点数で目標を設定する

自宅受験になって例年と異なる最も大きなマイナス面は、偏差値が分からないことです。

やはり、公開テストを受験する最大の理由である、自身の偏差値を把握することができないことは、あまりにも大きなマイナスと言わざるを得ません。

普段の会場受験なら、自身の答案用紙と一緒に、偏差値や正答率が掲載された資料が配布されます。

しかし、4月の自宅受験では、答案用紙を浜学園に郵送しても採点された答案用紙のみが返送されるだけで、偏差値や正答率に関する資料はありませんでした。残念ですが、受験生全員の正確な点数が把握できない限り仕方のないことです。
※偏差値とは、平均点からどれだけ離れているかを意味します。そのため、偏差値を計算するためには受験生全員の正確な点数が必要となります。

受験生や保護者にとって、偏差値が分からないと志望校に必要なだけの学力が定着しているのか分かりません。しかし、公開テストの回によって問題の難易度も異なりますので、点数からおおよその偏差値を判断することはなかなか容易ではありません。

では、どうすればよいのでしょう?

個人的には、

浜学園の先生や家庭教師の先生に目標点数を確認することが大切だと思います

偏差値が分からない以上、専門の先生の意見を仰ぐべきです。

例えば、

この難易度のテストの場合、80点ぐらいあればおおよそ偏差値は60ぐらいですね。

というような専門的な意見なら参考にすることができます。そのためにも、浜学園へ答案用紙を郵送し、自身の状況を浜学園の先生に知ってもらうことが大切です。そして、次回の自宅受験での目標点数を設定するとよいでしょう。

普段の会場受験なら偏差値で目標を設定しますが、今年のような自宅受験に限っては点数で目標を設定するしか方法はありません。

自宅受験では、偏差値や受験結果は出ない

何らかの理由で自宅受験となった場合、受験後に偏差値や成績表を受け取ることができません。

これは、自宅受験が試験監督が監視する会場受験とは異なるため、他の受験生との公平性が保たれないためです。したがって、自分自身の正確な偏差値や成績を知ることはできません。

そこで、自己採点、もしくは浜学園の先生の採点をもとに、会場受験をした他の受験生の情報から、おおよその偏差値を浜学園の先生に尋ねることをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、「浜学園の公開テストの自宅受験について、気をつけるべき3つのこと」をご紹介しました

この記事のおさらいです。

  • 注意点①:受験環境を徹底する。
  • 注意点②:答案は浜学園へ郵送する。
  • 注意点③:偏差値ではなく点数で目標を設定する。

    4月28日現在、5月の公開テストも自宅受験が決定していますが、6月以降も自宅受験の可能性はあると思います。コンピュータによるオンライン受験にならない限り、4月と5月と同様の自宅受験となり、今回お話ししたような偏差値等の情報も得られない可能性があります。

    つまり、5月だけでなく今後もこのような状況下で公開テストを自宅受験することを想定し、毎回の公開テストで最大の効果が得られるような対策を各家庭で取り組んでほしいと思います。

    最後に、公開テスト対策に役立つ、おすすめ情報をまとめておきます。

    公開テスト対策のおすすめ方法

    公開テストで点数をアップさせるためのおすすめ方法については、「【浜学園公開テスト対策】点数をアップさせるための2つの方法」の記事をどうぞ。

    公開テストの解き方!3つのポイント

    公開テスト当日の「解き方のポイント」については、「ポイントは3つだけ!浜学園・公開テストで点数がアップする解き方」の記事をどうぞ。

    公開テスト対策!出題予想の方法

    公開テストの出題予想の方法については、「【浜学園公開テスト】出題単元をプロはこう予想する!」の記事をどうぞ。

    公開テスト・過去問の入手方法

    公開テストの過去問を入手する方法については、「【浜学園】公開学力テストの過去問を入手する方法」の記事をどうぞ。

    公開テスト対策に!おすすめ参考書「自由自在」

    社会と理科の公開テスト対策には、増進堂・受験研究社が出版している「自由自在」がおすすめです。公開テスト対策だけでなく受験勉強全般で使用できる、受験生の必須アイテムとして有名です。

    なお、自由自在がおすすめな具体的な理由については、「【中学受験対策】プロがおすすめする参考書「自由自在」とは?」の記事をどうぞ。

    浜学園の関連記事

    浜学園に関するその他の記事は、「【浜学園について調べる】関連記事のまとめページ」からどうぞ。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました