【中学受験】国語の成績が上がらない理由【苦手克服の方法も解説】

小学生
受験生の母親
国語が苦手な受験生の母親
国語の成績が上がりません。他の教科よりもひどいのはなぜ?苦手克服の方法を教えてください。

このような悩み・疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 【中学受験】国語の成績が上がらない理由【2つある】
  • 【プロが解説】国語の苦手克服の方法

記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、家庭教師・塾講師での中学受験指導歴16年ほど。
これまでに、国語が苦手な受験生を数多く指導してきました。

この記事では、そんな筆者の経験を踏まえて、国語の成績が上がらない理由について解説します。
また、国語の苦手克服の方法についても解説します。

【中学受験】国語の成績が上がらない理由【2つある】

  • 理由①:これまでに読んできた文章量が影響するから
  • 理由②:他の教科とは勉強法が異なるから

※実際には様々な理由があるのですが、上記の2点が大きく影響していると考えています。

それぞれの理由について、詳しく解説します。

理由①:これまでに読んできた文章量が影響するから

国語の学力は、受験勉強とは別に、これまでに読んできた文章量が大きく影響します。

その理由は、国語の問題では膨大な量の問題文を読む必要がり、その際に受験生自身の語彙力や読解力が影響するためです。しかも、必要な語彙力と読解力は学校で教わるレベルを逸脱しています。

だから、これまでに読んできた文章量が大きく影響するのです。

※その結果、他の教科と同じようには成績が上がらないことがあります。

どれくらいの語彙力と読解力が必要なのか?

では、実際にどれぐらいの語彙力と読解力が必要なのでしょうか?

ここでは、筆者が日頃指導している、大手進学塾「浜学園」の公開テストを例としてご紹介します。

  • ニッチ:隙間を意味する語
  • 人道的:人道主義の立場にかなったさま
  • まことしやか:事実や内心をつくろって本当めかす有様や態度
  • 当惑:事に当たってどうしてよいかわからず、とまどうこと
  • エビデンス:根拠、証拠、裏づけ
  • ダイバーシティー:多様性
  • おざなり:その場かぎりのまにあわせ。いい加減

出典:2021年度浜学園公開テスト(小5)抜粋

上記の通り。
こうした語句は、学校の教科書や学習塾のテキストではなかなか目にしません。

しかし、国語の問題を解く際には、こうした語句を理解するための語彙力と、問題文全体を把握するだけの読解力が必要なのです。

これまでに読書をしてきたか?

「これまでに読んできた文章量=読書量」と捉えて頂いて構いません。

その証拠に、これまでに読書をしてきた受験生のほとんどが、国語が得意か、または苦手でではない印象です。

一方、読書をしてこなかった受験生の多くが、国語が苦手な印象です。

※とはいえ、中学受験に必要な語彙力や読解力を十分に兼ね備えている受験生は、実際のところごくわずかです。大切なことは、こうした語彙力や読解力を今後どのように定着させていくかです。(その方法は、後ほど解説します)

理由②:他の教科とは勉強法が異なるから

ここまで読めば、国語が他の教科とは異なることに気づくかもしれません。

実際その通りで、他の教科とは異なり、受験勉強を頑張っていれば成績が上がるというわけではありません。

だから、「真面目に頑張ってるのに、どうして国語だけはこんなにひどいの?」という経験をされた保護者も少なくないはずです。

「塾を頑張れば成績が上がる」は危険!

学習塾では、テキストと問題集を使って問題の「解き方」を教えます。

しかし、実際の国語の問題では膨大な量の問題文を読み、その内容を短時間で理解しなければいけません。問題文の内容を理解できないのに、問題の解き方を勉強しても成績は上がりません。

※「問題集を解くうちに、やがて問題文の内容を理解できるようになる」と主張する塾講師がいます。しかし、これも受験生本人がこれまでに読んできた文章量に左右されます。

大切なことなので繰り返しますが、「塾を頑張れば成績は上がる」という考え方は危険です。

【国語の勉強法】「解く力」よりも「読む力」を!

国語の受験勉強では、他の教科とは異なり、「解く力」よりも「読む力」を鍛えなければいけません。

その理由は、問題を解くことよりも、問題文の内容を理解することの方が重要だからです。
もっと言えば、「読む力」があれば、「解く力」などほとんど鍛える必要はありません。

実際、「読む力」がある受験生には、問題の解き方を指導する必要はほとんどありません。

【プロが解説】国語の苦手克服の方法


ここからは、国語の苦手克服の方法について、実際に筆者が家庭教師として指導している内容を公開します。

結論としては、問題文の内容を理解するための「読む力」を定着させることに重点をおきます。

具体的な苦手克服の方法は、下記の3ステップです。

  • ステップ①:文章を読む習慣を作る
  • ステップ②:「知らない語句」をノートにまとめる
  • ステップ③:ノートにまとめた語句を暗記する

それぞれのステップごとに解説します。

ステップ①:文章を読む習慣を作る

大前提として、文章を読まなければ、「読む力」は定着しません。
そして、「読む力」が定着すれば、下記の2点で大きな効果が期待できます。

  • (1)選択問題:正しい選択肢が分かる
  • (2)記述問題:正しい文章が書ける

問題文の内容を理解できれば、選択問題において、正しい選択肢を選べるようになります。
また、記述問題においても、主語と述語の関係が正しい文章を書けるようになります。

※特に、記述問題で必要な正しい文章を書く力は、ある程度の文章量を読まなければ定着しません。

【文章を読む習慣】小学生新聞を活用しよう!

文章を読む習慣を作る方法としては、小学生新聞を活用する方法がおすすめです。

  • 読む本を選ぶ手間が省ける
  • 漢字やことわざに強くなる
  • 社会の時事問題に強くなる
  • 中学受験の特集記事が多い

おすすめ理由は上記の通りでして、忙しい受験生にとっては読書よりも効果的かと思います。

実際、中学受験にピッタリな内容なので、小学生新聞を活用している受験生も多いですね。

なお、筆者おすすめの小学生新聞は「【中学受験】小学生新聞が必要な3つの理由とは?【おすすめも紹介】」の記事で紹介しています。

ステップ②:「知らない語句」をノートにまとめる

ステップ①で目にした「知らない語句」の意味を辞書で調べ、ノートにまとめます。
※公開テストなど、受験勉強で目にした知らない語句も含みます。

語彙力が増えることで、自然と読解力が定着していきます。

※実は、これまでも知らない語句を目にしてきたのですが、それらを放ったらかしにしてきたために、語彙力が増えず、読解力が定着しなかったのです。

知らない語句を知らないままにしていては、いつまで経っても苦手克服はできません。

ステップ③:ノートにまとめた語句を暗記する

最後に、ノートにまとめた語句を暗記します。
と言いますのも、ノートに語句をまとめるだけでは語彙力は増えないからです。

ノートにまとめた語句は、そう遠くない将来に再び目にする日がやってきます。その時、「あ!この語句知ってる!」となれば、語彙力が増えている証です。

そうでなければ、見直しが足りないということです。

まとめ

というわけで、今回は以上です。

中学受験において、国語の成績が上がらない理由について解説しました。また、国語の苦手克服の方法についても解説しました。

繰り返しになりますが、国語の成績には、これまでに読んできた文章量や、他の教科とは異なる勉強法が影響します。こうした特徴を理解した上で、「解く力」よりも「読む力」を重視して、苦手克服に取り組むことが重要です。

あくまで、個人的な経験に基づく内容でしたが、多少なりとも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました