受験生のゲーム・スマホ没収は逆効果!おすすめの管理方法とは?

よくある質問

受験生の保護者にとって、大きな悩みの1つが「子どものゲーム、スマホ離れができないこと」ではないでしょうか?

受験生の母親
受験生の母親
  • 受験生なのに、ゲームやスマホに夢中で勉強しない…
  • ゲームやスマホを没収した方がいいの?
  • どうすれば受験勉強に集中するの?

このような悩みにお答えします。

この記事の内容
  • 受験生のゲームとスマホは、没収した方がいいのか?
  • 受験勉強に集中するようになるための方法とは?
家庭教師
家庭教師

塾講師・家庭教師として15年にわたって中学・高校受験対策を指導している、筆者が解説します。

【ゲーム・スマホ】没収しても勉強しない

受験生は、スマホ・ゲームを没収しても勉強しない

受験生の母親
受験生の母親

ゲームやスマホを没収した方がいいの?

受験シーズンが近づいているのに、なかなか子どもの受験モードにスイッチが入らない。相変わらずゲームやスマホに没頭している…

そんな姿を見ると、親としてはゲームもスマホも没収したくなるのではないでしょうか?

しかし、ゲームやスマホを没収したからといって、子どもが勉強をする訳ではありません。

むしろ、没収することによる反発は避けることができず、かえって受験勉強をしなかったり、親子喧嘩に時間を割く結果となることが多いようです。

【ゲーム・スマホ】没収は逆効果

子どもにとって、ゲームやスマホが日常生活の一部となっている場合、それを突然奪われることは生活に支障をきたすことになります。

これまで、長年にわたってゲームやスマホが生活の中での大きな部分を占めてきたとすれば、その時間が突然奪われることは、まったく新しい生活スタイルを強要されることになります。

家庭教師
家庭教師

この新しい生活スタイルに慣れる作業は、大人であっても相当難しいことです。

没収すると生活に支障をきたす

受験生にとって、ゲームやスマホに没頭しない方が望ましいことは言うまでもありません。長時間にわたってゲームやスマホに夢中になれば、それだけ勉強時間は奪われます。

しかし、長年にわたってゲームやスマホを使用してきた子どもにとって、これらが生活の一部となってしまているため、無いと生きていけないのです。

もし、強制的に突然没収されれば、生活に支障をきたすはずです。そして、ゲームやスマホによって奪われた娯楽の埋め合わせを探す必要が出てきてしまうのです。

親子喧嘩の時間こそが無駄

受験生なのにゲームやスマホをする子どもの姿に、つい腹が立ってしまう、小言を言ってしまう、皆さんもそんな経験ありませんか?

見兼ねてゲーム機を祖父母の実家に預かってもらったり、押し入れに隠したり…そんな受験生を持つ家庭は少なくありません。

しかし、そんな家庭では、ゲーム・スマホ没収による親子喧嘩を避けて通ることができません。挙句の果てに、親子喧嘩が原因で勉強を放棄する受験生までいるのが現実です。

ゲームとスマホを没収して、受験勉強にスイッチが入った受験生を見たことがありません。

むしろ、没収したことで、親子喧嘩がエスカレートしたケースを多々目にしてきました。

家庭教師
家庭教師

受験シーズンの貴重な時間に、長時間にわたる親子喧嘩をしていませんか?

おすすめ解決策:使用時間を減らす

ゲームやスマホを没収することは、効果的な方法とは言えません。

しかし、長時間にわたるゲームやスマホの使用は、受験生に必要な勉強時間が奪われることに繋がります。

そこで、ゲームやスマホを完全に没収しなくても、使用時間を減らすという方法で勉強時間を確保することが必要です。

家庭教師
家庭教師

少しずつ使用する時間を減らし、家庭の中から受験に向けた雰囲気を作っていくことが大切です。

受験生にも「息抜き」は必要

たとえ受験生でも、1日中集中力を持続できる訳ではありません。

大人の社会でも、いい仕事をするためには「適度な息抜きが必要」と言います。

ゲームやスマホに限らず、受験生にも適度な娯楽や息抜きが必要です。

「ゲーム・スマホ=悪」ではない

生活の中での娯楽や息抜きは人それぞれです。

ゲームやスマホが好きな子どももいれば、テレビや読書、スポーツが好きな子どももいます。

そして、これらの娯楽はどんなものでも構いません。大切なことは、短時間で受験勉強のストレスが発散できることです。ストレスを発散させる最善の方法である娯楽に、制限を設ける必要はありません。

ゲームやスマホそのものが、受験勉強に悪影響があるわけではありません。

それを長時間にわたって使用することが問題なのです。

ゲームやスマホでストレスを発散できるなら、息抜きとして使用する方がむしろ合理的です。

【ゲーム・スマホ】ルールを作ることが鉄則

受験生の母親
受験生の母親

どうやって管理すればいいの?

ゲームやスマホの使用を認めたとしても、受験生である以上、受験勉強が中心の生活を送る必要があります。

当然ですが、ゲームやスマホが中心の生活ではいけません。

そこで、ゲームやスマホに限らず、娯楽や息抜きである「遊びの時間」にルールを設けなければいけません。

というのも、ゲームやスマホの使用時間を制限しなければ、自分の意志ではなかなかコントロールできないのが、多くの子どもたちの実態です。

親子でルールを決める

まずは、親子でルールを決めることが大切です。

特に、両親と子どもの3人で、しっかりと話し合いをした上で、ルールをすることをおすすめします。

親だけで勝手に決めたルールを押し付けても、本人が納得していなければルールを守らないことがあります。

特に、母子だけでルールを決めると、あとあと父親が注意する際に効力が弱くなることが懸念されます。

家庭教師
家庭教師

受験は親子の大切なイベントです。母親だけに任せずに、両親そろってしっかりお子さんと向き合ってください。

参考:具体的な「ルール」の例

ここでは、実際に受験生を持つ家庭で実践されている「ゲームやスマホ」に関するルールをいくつかご紹介します。

ここで紹介している例は、実際に効果を実感できた方法ですので、是非参考にしてみてください。

「ゲーム・スマホ」ルールの例
  • 1日の使用時間の制限を設ける。
  • 夜10時以降は、原則として使用禁止。

1日の使用時間は、平日なら30分~1時間、休日なら2時間までなど、具体的な時間を決めます。

夏休み以降、9月からは毎月少しずつ減らしていく、という方法もあります。

また、1日の使用時間に制限を設けるだけでなく、夜10時以降は親に預けて使用できなくする方法も効果的です。

たとえ、使用時間を決めても、親が寝静まった後ではルールを守っているかのチェックができません。

家庭教師
家庭教師

規則正しい生活を送るためにも、夜間のゲームやスマホの使用を禁止することは有効な方法です。

ペナルティーを設ける

たとえルールを決めても、それを守れないことがあります。

そこで、「ペナルティー」を設けることが効果的です。

ペナルティーと聞くと、少し大げさに聞こえるかもしれませんが、子どもを見くびってはいけません。あの手、この手で言い訳をしたり、たとえルールを破っても気にもしないこともあります。

ルールを破れば翌日はゲームやスマホを触れない、などのペナルティーを設けることで、ルールを守る意識に繋がります。

補足:親子で解決が難しいなら「家庭教師」もあり

受験生の母親
受験生の母親

親子で解決できそうにない…

上記でご紹介したような、親子でのルール作りが難しい場合には、「家庭教師に依頼する方法」があります。

中学生になると、親の言うことは聞かないけれども、家庭教師との約束なら守る、そんな中学生も珍しくありません。

家庭教師にゲームやスマホに関するルール作りとその管理、更には受験に向けた勉強のスケジュール管理をしてもらうと、解決するかもしれません。

家庭教師
家庭教師

実際、このような依頼は少なくありません。

なお、おすすめの家庭教師派遣会社は、別の記事にまとめています。気になる方は、下記の記事をご参照ください。

»【中学受験向け】おすすめ家庭教師派遣会社9選

»【中学生向け】高校受験おすすめ家庭教師派遣会社6選

»【中高一貫校生向け】おすすめ家庭教師派遣会社9選

まとめ

今回の記事では、「【小6・中3保護者向け】受験生のゲーム・スマホのおすすめ管理方法について解説しました。

この記事のおさらいです。

  • ゲームやスマホを没収しても勉強しないどころか、逆効果になる恐れがある。
  • 受験生にも娯楽や息抜きの時間は必要。
  • 親子でルールを決め、ルールを守ってゲームやスマホを使用する。

受験生にとって、最も大切なことは受験に向けてモチベーションを高めていくことです。

ゲームやスマホを没収するよりも、少しずつ時間を減らしていくことで、親子そろって徐々に受験への意識や雰囲気を盛り上げていくことをおすすめします。

使用時間を減らしながら、ゲームやスマホを上手に使い続けることで、受験へのモチベーションを高めることに繋がるかもしれません。

最後に、受験に関する関連記事をまとめておきます。

勉強中のイヤホンについて

受験勉強を含め、中学生や高校生の勉強中のイヤホンにお悩みの保護者の方は、下記の記事をご参照ください。

» 勉強中のイヤホンはOK?勉強中の音楽で注意すべき点とは?

中学生が勉強するようになる方法

なかなか勉強しない中学生のお子さんにお困りの方は、下記の記事をご参照ください。

»「勉強しなさい」ではダメ!中学生が勉強するようになる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました