【浜学園公開テスト】点数がアップする「おすすめ勉強法」

小学生
Tumisu / Pixabay

浜学園に通う小学生にとって、なかなか点数が上がらないことで有名なのが公開学力テスト(以下、公開テスト)です。

受験生の母親
受験生の母親
  • 公開テストの点数が上がらない…
  • 点数がアップする「おすすめ勉強法」は?

このような悩み・疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 浜学園の公開テストとは?
  • 公開テストで点数が上がらない理由とは?
  • 点数がアップする「おすすめ勉強法」とは?
家庭教師
家庭教師

家庭教師として、15年にわたって公開テスト対策を指導している、筆者が解説します。

公開テストとは?

浜学園の公開学力テストとは?

受験生の母親
受験生の母親

「公開テスト」ってどんなテスト?

ここでは、「浜学園」や「公開テスト」について、浜学園の公式サイトを参考に簡単にまとめています。ご存じでない方はご参照ください。

既にご存じの方は、この章は飛ばし「点数がアップする『おすすめ勉強法』」へジャンプしてください。

浜学園と公開テストとは?

  • 浜学園とは?

兵庫県西宮市に本部がある、関西、中部、中国地方を中心に教室を展開している、中学受験対策を専門とする大手進学塾です。

生徒のほとんどが、灘中学や甲陽学院、洛南中学、東大寺学園、西大和学園をはじめとする、難関私立中学の受験を目標にしており、そのための指導を行っている進学塾です。

  • 公開テストとは?

浜学園が主催する学力判定テストが、「公開テスト」です。

公開テストは、毎月の第2日曜日に行われ、浜学園に通うすべての生徒が受験します。
※浜学園に通っていない小学生も受験できます。

受験科目は、算数、国語、理科、社会の4科目、または算数、国語、理科の3科目です。試験の答案用紙は、約1週間後に返却されます。

なお、詳しく知りたい方は、浜学園の「公式サイト」をご覧ください。

「公開テスト」の特徴や具体的な内容、申し込み方法、試験結果の返却については、「【浜学園公開テストとは?】申し込み方法と最も早く結果を知る方法」の記事をどうぞ。

【公開テストとは?】難易度が高いことで有名

浜学園に通う小学生にとって、公開テストは中学受験のために避けては通れない道です。

私立の小学生ならまだしも、公立の小学生なら、そのレベルに手も足も出ない場合さえあります。たとえ私立の小学生でも、6年生になるとその難易度に、徐々に点数が上がらなくなります。

難易度が高い理由は?

受験生
受験生

どうしてこんなに難しいの?

「公開テスト」はクラスや学力に関係なく、すべての受験生が受験します。

「平均的な学力の小学生」だけでなく、最難関私立中学を志望する「学力の高い小学生」も受験します。

そうした「学力の高い小学生」の学力を測るためには、決して満点を取ることがないように、試験問題に難しい問題も含む必要があります。その結果、公開テストの難易度が高くなる傾向にあります。

家庭教師
家庭教師

「公開テスト」は、幅広い学力層に対応しています。

【公開テスト】点数がアップする「おすすめ勉強法」

公開学力テストで点数をアップさせるための2つの方法

受験生の母親
受験生の母親

どうすれば「公開テスト」の点数が上がるの?

ここでは、家庭教師として15年にわたって公開テスト対策を指導している筆者おすすめの、公開テストで点数が上がる勉強法を2つご紹介します。

  • 点数アップの勉強法①:公開テストの過去問を解く。
  • 点数アップの勉強法②:公開テストの「やり直しと暗記」をする。

以下、それぞれの勉強法について詳しく見ていきましょう。

    点数アップの勉強法①:「公開テストの過去問」を解く

    公開テストの過去問を解くことで、問題の難易度に慣れることや出題傾向を知ることができます。

    しかし、それ以上に「公開テストの過去問を解くことをおすすめする理由」が2つあります。

    • 過去問を解く理由①:「浜学園のテキスト・問題集」では、公開テスト対策には不十分だから。
    • 過去問を解く理由②:「解いてはいけない問題」を知る。

    過去問を解く理由①:浜学園のテキスト・問題集では不十分

    浜学園で使用しているテキストや問題集だけを解いても、公開テストで高得点は取れません。

    その理由を「実際の公開テストでの問題」を例に説明します。

    次の問題は、2019年5月12日に実施された、「第554回・公開学力テスト 小6 理科」の問題の抜粋です。

    【問題】次の文章の内容が正しいならAを 誤りならBを答えなさい。

    モズはバッタ、ミミズ、カエルなどをとがった木の枝などに突きさす。

    ※大問1の正誤問題から引用

    この問題の文章の内容は正しいので、答えはAとなります。

    家庭教師
    家庭教師

    ちなみに「モズ」は、スズメ目モズ科モズ属に分類される鳥類です。
    » 画像で「モズ」を確認する ※クリックするとGoogle画像検索が開きます。

    しかし、ほとんどの受験生が、この問題に登場した「モズ」がどのような生物か分からないために正解できません。

    それもそのはず、公開テストで出題されているにもかかわらず、浜学園のテキストや問題集には「モズ」は載っていないのです。

    つまり、普段使用している浜学園のテキストや問題集だけを使って勉強しても、公開テスト対策としては不十分だということです。

    家庭教師
    家庭教師

    上記の問題は、ほんの一例に過ぎません。公開テストでは、浜学園のテキストや問題集に載っていない内容が数多く出題されます。

    その一方で、理科の過去問を解いてみると、大問1の正誤問題を筆頭に、前年の公開テストと同じ問題または類似問題が出題されています。

    参考:【公開テスト対策】おすすめ参考書「自由自在」

    社会と理科の公開テスト対策には、増進堂・受験研究社が出版している「自由自在」がおすすめです。

    公開テスト対策だけでなく受験勉強全般で使用できる、受験生の必須アイテムとして有名です。

    なお、自由自在がおすすめな理由については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【中学受験対策】プロがおすすめする参考書「自由自在」とは?」の記事をご参照ください。

    過去問を解く理由②:「解いてはいけない問題」を知る

    幅広い学力層に対応している公開テストには、「学力の高い小学生」向けの超難問が含まれています。
    ※「学力の高い小学生」に満点を取らせないためです。これは、先ほども触れました。

    このような超難問は、灘や東大寺などの最難関私立中学を志望する小学生のみを対象とした問題であり、他の小学生は解く必要がありません。

    現に、超難問の受験生全体の正答率は10%を下回ることがほとんどです。

    しかし、ほとんどの受験生が超難問に手を出してしまい、試験時間が足りなくなります。

    受験生
    受験生

    いつも試験時間が足りないなぁ…

    そこで、過去問を解き、「解いてはいけない問題」を見極める練習をしておくことが重要です。

    なお、「公開テストの過去問」の入手方法については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【浜学園】「公開学力テストの過去問」を入手する方法」の記事をご参照ください。

    点数アップの勉強法②:「やり直しと暗記」をする

    公開テストで点数をアップさせるためには、知識量を増やすことが必要不可欠です。

    そのために、過去問を解くことや自身が受験した公開テストの「やり直し」をすることが大切です。

    家庭教師
    家庭教師

    模範解答や解説を読むだけでは、時間が経てば忘れてしまい、知識としては定着しません。

    「やり直し」はノートに!

    公開テストの「やり直し」は、ノートにします

    その理由は、後から見直すことができるからです。

    模範解答や問題用紙、ルーズリーフなどに「やり直し」をすると、紛失したり後から見直しをするときに不便です。

    公開テスト用の「やり直しノート」を準備し、ノートに「やり直し」をすることで、その後の受験勉強に活用しやすくなります。

    受験生の母親
    受験生の母親

    どんなふうに「やり直し」をすればいいの?

    具体的な「やり直し」の方法については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【浜学園公開テスト】正答率を参考にしたおすすめ『やり直し』方法」の記事をご参照ください。

    「やり直しノート」を暗記する

    公開テストの「やり直しノート」を作るだけでは、学力は定着しません。

    「やり直しをすること」以上に重要なのが、その内容を「暗記すること」です。

    「やり直しノート」を作ることは、自分自身の弱点を集めた「参考書」を作ることを意味します。しかし、公開テストで点数をアップさせるためには、その内容を暗記し、弱点を克服しなければいけません。

    家庭教師
    家庭教師

    1日15分でも構いません。毎日「やり直しノート」を見直しましょう。

    補足:【公開テスト対策】おすすめ方法は?

    この記事でご紹介した、公開テストで点数をアップさせる勉強法である、「過去問を使った勉強」や「ノートへのやり直しと暗記」などの学習は、浜学園の授業では行いません。

    そのため、浜学園が提供している「公開テストのWeb解説」や子ども自身の力だけでは、点数をアップさせることは困難かもしれません。

    ここでは、そんな時におすすめな公開テスト対策の方法をご紹介します。

    • おすすめ方法①:家庭教師に「公開テスト対策」の指導を受ける。
    • おすすめ方法②:個別指導塾の「浜学園コース」に通う。

    以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

    おすすめ方法①:家庭教師の指導を受ける

    公開テスト対策として、個人的に最もおすすめな方法は、「家庭教師の指導を受ける方法」です。

    おすすめ理由は下記の通り。

    「家庭教師」おすすめ理由
    • 「公開テストの過去問」を使った公開テスト対策が可能。
    • 「公開テストのやり直し」での解説や「やり直しノート」作りのフォローが可能。
    • 「やり直しノート」の暗記テストの実施が可能。

    上記以外にも、こちらの細かな要望に応えてもらえるのが「家庭教師」を利用するメリットです。

    家庭教師
    家庭教師

    週1回の利用でも、十分な効果が期待できるのが「家庭教師による指導」です。

    なお、公開テスト対策におすすめな家庭教師派遣会社については、別の記事にまとめています。気になる方は、「【浜学園公開テスト】プロ厳選!おすすめ家庭教師派遣会社4選」の記事をご参照ください。

    おすすめ方法②:個別指導塾の「浜学園コース」に通う

    公開テスト対策のもう1つの方法が、「個別指導塾の『浜学園コース』に通う方法」です。

    個別指導塾のおすすめ理由は下記の通り。

    「個別指導塾」おすすめ理由
    • カリキュラムが決まっているので、安心して利用できる。
    • 複数の講師から指導を受けることができる。※科目ごとに講師が異なる。
    • 自習室を利用できる。

    個別指導塾の中でも特におすすめなのが、プロ個別指導塾【SS-1】などの「浜学園コース」を設けている個別指導塾です。

    このような個別指導塾では、浜学園で成績を上げるためのカリキュラムが決まっているため、公開テスト対策に安心して利用することができます。

    ただし、カリキュラムが決まっているため、家庭教師と比べるとこちらの細かな要望には応えてもらえません。

    なお、公開テスト対策におすすめな個別指導塾については、別の記事にまとめています。気になる方は、「【浜学園公開テスト】プロ厳選!おすすめ個別指導塾4選」の記事をご参照ください。

    まとめ

    今回の記事では、「【浜学園の公開テスト対策】点数がアップするおすすめ勉強法」について解説しました。

    この記事のおさらいです。

    • 点数アップの勉強法①:公開テストの過去問を解く。
    • 点数アップの勉強法②:公開テストの「やり直しと暗記」をする。

    また、家庭教師や個別指導塾を利用することも、公開テスト対策としておすすめの方法です。学年や状況に応じて、検討されることをおすすめします。

    参考:「公開テスト」教科別の勉強法

    「公開テスト」で点数をアップさせるための「教科別の勉強法」については、別の記事で詳しく解説しています。

    気になる方は、下記の記事をご参照ください。

    »【浜学園公開テスト・理科】出題単元をプロはこう予想する!

    »【浜学園公開テスト】国語の点数がアップする「おすすめ勉強法」

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました