浜学園と併用できる家庭教師派遣会社「おすすめ3社」

小学生

浜学園の公開テスト対策におすすめな方法の1つが「家庭教師を利用する方法」です。

受験生の母親
受験生の母親
  • 公開テストで点数が上がらない…
  • 家庭教師のサポートが必要?
  • おすすめの家庭教師派遣会社は?

このような悩み・疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 家庭教師のサポートが必要な状況とは?
  • 家庭教師派遣会社の選び方のポイントは?
  • 浜学園と併用できる家庭教師派遣会社「おすすめ3社」は?
家庭教師
家庭教師

家庭教師として、15年にわたって公開テスト対策を指導している、筆者が解説します。

「家庭教師のサポート」が必要な状況とは?

受験生の母親
受験生の母親

家庭教師のサポートが必要かしら?

ここでは、浜学園に通う小学生に、家庭教師のサポートが必要だと考えられる状況について解説します。

なお、今すぐ「おすすめ家庭教師派遣会社」を知りたい方は、この章は飛ばし「浜学園と併用できる家庭教師派遣会社『おすすめ3社』」にジャンプしてください。

浜学園の公開テストは、難易度が高いことで有名です。そのため、点数が伸び悩む小学生も少なくありません。

特に、小6になってから一気に点数が上がらなくなり、家庭教師を利用するか悩んでいる保護者も多いはずです。

そこで、家庭教師として15年にわたって公開テスト対策を指導している筆者が考える、「家庭教師のサポートが必要な状況」をまとめてみました。

  • 状況①:【小5・小6】偏差値50を下回っている教科がある
  • 状況②:【小6限定】3科、または4科のいずれかで、志望校の偏差値に届かない

上記2つの状況のうち、どちらか1つでも該当するならば、「家庭教師の利用」を検討してみましょう。

状況①:偏差値50を下回っている教科がある

1つ目の状況は、「偏差値50を下回っている教科がある状況」です。

偏差値50とは、公開テストの受験生全体の平均を意味します。

つまり、偏差値50を下回っているとは、平均点よりも点数が低いということです。

受験者全体の平均的な学力を下回っているのならば、苦手な教科や単元がある可能性が高く、放っておくと状況がさらに悪化する恐れがあります。

【要注意!】「公開テストの難易度」小6から一気に上がる

公開テストの難易度は、小6から一気に上がります。

小5までは平均点を意味する偏差値50をキープできていても、小6から一気に成績が下がることがあります。

そのため、偏差値50はあくまで1つの目安として考え、小6になって成績が下がり始めた場合には、家庭教師の利用を検討することをおすすめします。

家庭教師
家庭教師

成績が下がり始めたときに、放置しておくと下がり続ける恐れがあります。

状況②:「3科、または4科」志望校の偏差値に届かない

2つ目の状況は、「3科、または4科の成績が、志望校の偏差値に届かない状況」です。

中学受験で最も多い受験方式が、理科、または社会を選択する3科受験か、全教科を受験する4科受験です。

そのため、小6での公開テストの成績は、3科または4科の偏差値の推移が重要です。

志望校に必要な偏差値に届かない状況が続くようであれば、自力では難しい可能性が高いと考えられます。

【浜学園と併用】家庭教師選びのポイントは?

受験生の母親
受験生の母親

何を基準に選べばいいの?

ここでは、浜学園と併用して家庭教師を利用する場合の、家庭教師派遣会社の選び方について解説します。

選び方のポイントは、下記の2点です。

  • ポイント①:浜学園生の指導経験がある講師を指名できる
  • ポイント②:浜学園と併用できる

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

ポイント①:浜学園生の指導経験がある講師を指名できる

1つ目のポイントは、「浜学園生の指導経験がある講師を指名できること」です。

一言に大手進学塾と言っても、進学塾によって指導方法やカリキュラムが異なります。また、公開テストもそれぞれ特徴があります。

そのため、浜学園生の指導経験がある講師であることが大前提です。

特に、公開テストは難易度が高いため、受験生の点数をアップさせるためには、講師自身が浜学園や公開テストについて熟知している必要があります。

具体的には、下記のような講師がおすすめです。

  • プロ講師なら:浜学園生の指導経験がある
  • 学生講師なら:浜学園出身である

ポイント②:浜学園と併用できる

2つ目のポイントは、「浜学園と併用できること」です。

具体的には、浜学園のオリジナルテキストや公開テストの試験問題を使った指導を受講できるということです。

家庭教師派遣会社の中には、専用教材を使用する会社がありますが、浜学園の成績を上げるためには非効率です。

浜学園と併用できる家庭教師派遣会社「おすすめ3社」

受験生の母親
受験生の母親

おすすめの家庭教師派遣会社は?

ここでは、上記の2つのポイントを満たす、浜学園と併用できる家庭教師派遣会社「おすすめ3社」をご紹介します。

  • 家庭教師ファースト
  • 学研の家庭教師
  • 家庭教師のサクシード

個人的には、プロ講師をお探しなら「家庭教師ファースト」と「学研の家庭教師」が、学生講師をお探しなら「家庭教師のサクシード」がおすすめです。

それでは、各社を詳しく見ていきましょう。

家庭教師ファースト

  • 実際に担当する講師の無料体験を受講できる
  • 入会金・月会費が0円
  • 他社に比べて費用が安い
  • 年額の維持費8,800円(税込)が必要

実際に指導を担当する講師の無料体験を受講できる、数少ない会社です。
※ちなみに、ほとんどの会社の体験授業は、営業マンが行います。

そのため、授業の雰囲気やお子さんとの相性、保護者対応の様子などを確認した上で入会することができます。

他社にはない年額の維持費が必要ですが、他社よりも月額の費用が安いので、気にする必要はありません。

充実したサービスをリーズナブルな費用で提供する、利用者目線の良心的な会社です。
»「家庭教師ファースト」無料体験はこちら

学研の家庭教師

  • 利用者の口コミ・評価が良い
  • 初回指導日の前に、講師との顔合わせがある
  • 他社に比べて費用が高い

学研教室や個別指導塾の学研CAIスクールなど、教育事業を行うグループとしても十分な実績があり、まず選んで間違いのない会社です。

サービス内容に大きな特徴はありませんが、利用者が多く、利用者の口コミでもランキング上位を獲得するなど、安心して選べる会社だと思います。

2021年のオリコン顧客満足度ランキングでは、あの「家庭教師のトライ」を抑えて、総合ランキン第1位を獲得しています。
»「学研の家庭教師」無料体験はこちら

家庭教師のサクシード

  • 浜学園出身の講師を指名できる
  • お子さんの志望校出身の講師を指名できる
  • 月会費3,300円(税込)が必要

学生講師をお探しの方におすすめです。

浜学園出身の講師を指名できるだけでなく、お子さんの志望校出身の講師を指名することもできます。

浜学園出身や志望校出身の講師から様々なアドバイスをもらえることは、受験勉強のモチベーションにも繋がります。
»「家庭教師のサクシード」無料体験はこちら

まとめ

今回の記事では、「浜学園と併用できる家庭教師派遣会社『おすすめ3社』」をご紹介しました。

この記事のおさらいです。

まずは、家庭教師派遣会社の選び方のポイントから。

  • ポイント①:浜学園生の指導経験がある講師を指名できる
  • ポイント②:浜学園と併用できる

続いて、この記事でご紹介した「おすすめ3社」です。

以上、「浜学園と併用できる家庭教師派遣会社『おすすめ3社』」でした。

補足:浜学園と併用できる「個別指導塾」もおすすめ!

公開テスト対策の方法には、「個別指導塾を利用する方法」もあります。

授業のフォローや公開テスト対策を行う個別指導塾なら、浜学園のカリキュラムに沿っているため、短期間での成績アップが期待できます。

気になる方は、浜学園と併用できる「おすすめ個別指導塾」についてまとめた、下記の記事をご参照ください。

» 浜学園と併用できる個別指導塾「おすすめ2校」

コメント

タイトルとURLをコピーしました