【浜学園公開テスト対策】国語の点数をアップさせる方法

小学生

難易度が高いことで有名な「浜学園の公開学力テスト」。特に、国語の難易度は非常に高く、点数が上がらず悩んでいる保護者や受験生も多いのではないでしょうか?

受験生の母親
受験生の母親
  • なぜ、国語の点数が上がらない?
  • どうすれば国語の点数がアップするの?

このような悩み・疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 【公開学力テスト】国語の点数が上がらない理由とは?
  • 【公開学力テスト】国語の点数をアップさせる方法とは?
家庭教師
家庭教師

家庭教師として、15年にわたって公開テスト対策を指導している、筆者が解説します。

なぜ?国語の点数が上がらない理由

受験生の母親
受験生の母親

なぜ、「公開学力テストの国語」の点数が上がらないの?

公開学力テストが返却される度に、こんな風に感じている保護者も多いのではないでしょうか?

公開学力テストの難易度が高いことはもちろんですが、それだけが理由ではありません。ここでは、国語の点数が上がらない理由を詳しくご紹介します。

国語で点数が上がらない小学生を指導していて気付く、国語の点数が上がらない主な理由は下記の2点です。

  • 国語の点数が上がらない理由①:「問題文」が長い。
  • 国語の点数が上がらない理由②:「知らない語句」が多い。

以下、それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

点数が上がらない理由①:「問題文」が長い

公開学力テスト・国語の「問題文」の長さは、他の学力テストと比べると非常に長いという特徴があります。
※問題文とは、問題中の「物語文」や「説明文」、「随筆文」などの題材となる文章のことです。

受験生にとって最も厄介な点が、この「問題文」の長さです。問題文が長いということは、それだけ文章の内容を理解するために時間を要するだけでなく、抜き出し問題をはじめとする答えを本文中から探す際の難易度が上がります。

問題文が長いため、試験開始と同時に文章を頭から一通り読む時間がありません。そのため、問題を解きながら文章の内容を理解する必要があり、結果として正答率が下がる傾向にあります。

志望校によっては、公開学力テストの難易度が高すぎる場合もあります。

最難関校を受験しない場合には、「浜学園の公開学力テスト」ではなく、「五ツ木・駸々堂中学進学学力テスト会」や「能開センターの公開模試」などの他の学力テストの方が、お子さんの偏差値を正しく測れる場合があります。

なお、詳しい理由については「大手塾公開テストで偏差値50未満なら五ツ木模試がおすすめな理由」の記事をどうぞ。

点数が上がらない理由②:「知らない語句」が多い

公開学力テストの国語で点数が上がらないもう1つの理由は、受験生が「知らない語句」が数多く出てくるためです。

公開学力テスト・国語の問題文をご覧になったことがある方ならお分かりいただけるはずですが、問題文には小学生どころか、大人でも知らないような語句が数多く見られます。この「知らない語句の多さ」が、受験生たちの文章の理解を妨げます。

また、一言に語句と言っても、小学校では習わない漢字やことわざ、故事成語、四字熟語に加え、外来語や英語など、知らない語句であふれています。

家庭教師
家庭教師

これらの「初めて目にする語句」の意味を瞬時に予想し、文章全体を理解することは、不可能に近いと言えます。

【公開テスト・国語】点数アップの方法は?

受験生の母親
受験生の母親

どうすれば、国語の点数が上がるの?

ここでは、家庭教師である筆者が、普段の指導の中で実際に実践している、国語の公開学力テスト対策の方法をご紹介します。

「公開学力テストの国語」点数アップの方法は、下記の通り。

  • 点数アップの方法①:過去問で公開学力テストに慣れる。
  • 点数アップの方法②:受験した公開学力テストのやり直しをする。
  • 点数アップの方法③:「知らない語句」をノートにまとめる。

以下、それぞれの方法について、詳しく解説します。

点数アップの方法①:過去問で公開学力テストに慣れる

多くの受験生が、公開学力テスト・国語の「問題文」の長さに苦戦しています。

その理由は、浜学園の授業で普段解いている復習テストよりも、公開学力テストの問題文の長さが圧倒的に長いためです。その長さに、戦意を喪失したり、自信を失うことも珍しくありません。問題を解き進めてみても、文章の内容が理解できないこともしばしばです。

そこで、「公開学力テストの過去問」を入手し、普段から問題文の長さに慣れておく必要があります

そうすることで、実際の公開学力テストで時間配分や読むスピードのミスを減らせる他、問題文の長さに戦意を喪失する心配も必要ありません。

家庭教師
家庭教師

「公開学力テストの国語」で大切なことは、問題文の長さへの『慣れ』です。

なお、「公開学力テストの過去問」の入手方法については、別の記事で詳しく解説しています。気になる方は、「【浜学園】『公開学力テストの過去問』を入手する方法」の記事をご参照ください。

点数アップの方法②:公開学力テストのやり直しをする

「公開学力テストの過去問」を解くこと以上に大切なことは、「受験した公開学力テストのやり直しをする」ことです。

多くの受験生が、公開学力テストの結果だけに一喜一憂し、やり直しをおろそかにしています。しかし、受験生の学力が最も上がる瞬間とは、やり直しをしている時なのです。自分が知らなかった知識を知ること、間違った知識を正しい知識に変えること、この作業を行うことで学力は上がります。

公開学力テストは、入学試験に匹敵する難易度の問題内容です。そのやり直しを丁寧にすることは、入学試験に必要な学力を定着させることに繋がります。その絶好のチャンスをみすみす逃してはいけません。

家庭教師
家庭教師

正解の答えが、文章のどこに隠れていたのかを確認することで、国語の学力が飛躍的に伸びます!

なお、公開学力テストのやり直しの方法については、別の記事詳しく解説しています。気になる方は、「【浜学園公開テスト】正答率を参考にしたおすすめ『やり直し』方法」の記事をご参照ください。

点数アップの方法➂:知らない語句をノートにまとめる

国語の点数アップに欠かせない勉強法が、「国語の学習の中で出てきた『知らない語句』をすべてノートにまとめること」です。

国語の点数アップに最も関連するのが、受験生の語彙力です。語彙力が無ければ、文章を読んでいても内容を理解することができません。反対に、語彙力があれば、文章を読むスピードが上がり、内容を理解しやすくなります。

すなわち、語彙力が読解力に大きく影響するということです。

受験までに国語の点数がほとんど上がらない受験生が山のように存在します。その理由は、彼らの語彙力が増えていないからなのです。

家庭教師
家庭教師

受験までの数年間にわたって、「知らない語句」をノートにまとめ、暗記することが大切です。ポイントは、『語彙力の積み上げ』です!

公開テストのやり直しには、増進堂・受験研究社が出版している「自由自在」がおすすめです。公開学力テスト対策だけでなく受験勉強全般で使用できる、受験生の必須アイテムとして有名です。

なお、自由自在がおすすめな具体的な理由については、「【中学受験対策】プロがおすすめする参考書「自由自在」とは?」の記事をご参照ください。

まとめ

今回の記事では、「【浜学園の公開学力テスト】国語の点数をアップさせるおすすめ方法」について解説しました。

この記事でご紹介した、「公開学力テストの国語」で点数をアップさせるおすすめの方法です。

  • 点数アップの方法①:過去問で公開学力テストに慣れる。
  • 点数アップの方法②:受験した公開学力テストのやり直しをする。
  • 点数アップの方法③:「知らない語句」をノートにまとめる。

今回ご紹介した、上記の3つの方法を実践することで、他の受験生と大きな差が生まれると個人的には考えています。実際に、国語の点数が伸び悩んでいた数多くの受験生が、この方法で点数がアップしました。

是非、参考にしてほしいと思います。

参考:「公開テスト」ライバルに差をつける!

浜学園での成績アップの方法を知りたい方におすすめなのが、プロ個別指導教室「SS-1」の「合格を決める塾の使い方」という小冊子です。

この小冊子は、浜学園の対策を行うプロ個別指導塾「SS-1」が、最短で浜学園の成績を上げる方法について学年別にまとめたものです。

「浜学園版」の内容は?
  • 浜学園生の成績向上を阻む「3つのハードル」
  • 3つのハードルの解決策
  • 塾戦略
  • 時期別学習ポイント

浜学園での成績アップや公開テスト対策のヒントになる情報が多く、筆者も「公開テスト対策の指導」の参考にしています。

小冊子は、公式サイトから無料資料請求をするとダウンロードできるので、ライバルと差をつけたい受験生におすすめです。
» 「浜学園版・合格を決める塾の使い方」をダウンロードする

コメント

タイトルとURLをコピーしました