【留学中の食事】簡単にできる自炊のメニュー【おすすめを紹介】

高校生
中学生
留学中に自炊をしたい大学生

留学中でも簡単にできる自炊のメニューを知りたいなぁ…。現地の食材でできる、おすすめのメニューがあれば教えてください。

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

【留学中の食事】簡単にできる自炊のメニュー【おすすめを紹介】

記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、大学生の時にアメリカ交換留学を経験。
現在は、中学生や高校生を中心に、TOEICや英検対策、受験対策などを指導しています。

この記事では、そんな筆者が留学中に実際にしていた、簡単にできる自炊のメニューをご紹介します。

※筆者のアメリカ留学での経験をまとめていますが、アメリカ以外の国に留学する方にもヒントになる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

【留学中の食事】簡単にできる自炊のメニュー【おすすめを紹介】

留学先で自炊をしようと考えている方に向けて、筆者が留学先のアメリカで実際にしていた自炊のメニューを「朝昼夕に分けて」ご紹介します。

ちなみに、ほとんど料理経験がない筆者でもできた、簡単なメニューばかりです。料理が苦手な人でも大丈夫かと思います。

※なお、自炊するかどうか迷っている方は、「【アメリカ留学】留学中の食事は自炊がおすすめな理由【方法も解説】」の記事で、自炊がおすすめな理由をご確認ください。

それでは見ていきましょう!

おすすめメニュー:朝食編

平日は朝から授業があったので、簡単に済ましていました。

食パンにバター(マーガリンでもOK)、ハム、チーズをはさんでサンドイッチを作ります。
これに、コーヒーを合わせる感じです。

他にも、コーンフレークやシリアル、サラダなどを気分でアレンジしていました。

※朝食のメニューは洋食にすれば、和食よりも安く抑えることができますよ。

おすすめメニュー:昼食編

基本的には、毎日昼食時にご飯を炊いていました。
※炊飯器は、大型ショッピングセンター「Walmart」で$10ほどで購入しました。

昼食のおすすめメニューは炒め物です。
肉と野菜をフライパンで炒めます。味付けは塩こしょうと醬油でも構いませんが、慣れてきたらコンソメや一味唐辛子、ごま油などでアレンジしてみましょう。

これに味噌汁や簡単なスープを添えて完成です。

飽きないようにメニューにアレンジを!

同じようなメニューだとすぐに飽きてしまいます。
メニューはどんどんアレンジしましょう。

  • 目玉焼き
  • たまご焼き
  • 生姜焼き
  • ステーキ
  • 野菜のソテー

筆者がよく作っていたメニューは上記の通り。

留学生活が長くなれば、自ずと恋しくなるメニューが頭に思い浮かぶはずです。そのメニューを取り入れていくことが、飽きないためのコツですね。

最近は、YouTubeで検索すれば、すぐにレシピ動画が見つかるかと思います。

おすすめメニュー:夕食編

1日に3食作るのは、意外と大変です。
そこで、昼食時に夕食の分のお米も炊いておき、そのお米を夕食のメニューに活用します。

チャーハンや雑炊など、冷やご飯を使ったメニューなら、時間も短く簡単です。

個人的には、インスタント麺や鍋料理の後に、雑炊を作るのがおすすめです。

インスタント麺や鍋料理の後に雑炊

インスタント麺や鍋料理は、調理が楽なだけでなく、洗い物も少なく済みます。
時間をかけずに、美味しい日本の味が楽しめます。

雑炊の味付けは、だしの素や韓国の調味料であるコチュジャンなど、いろいろアレンジが効きます。

たっぷりの肉と野菜でインスタント麺や鍋料理を楽しみ、雑炊は玉子でとじる。栄養のバランスも良く、ヘビーローテションで世話になりました。

冷凍食品にも挑戦してみよう!

海外には、日本では買えない、現地ならではの冷凍食品が売られています。

そこで、冷凍食品も自炊のメニューに取り入れてみましょう。
可能であれば、現地の友人におすすめを聞くのが一番!現地の味を楽しみましょう。

筆者の留学先だったアメリカでは、ピザやパスタ、餃子などの冷凍食品が美味しかったですね。

補足:「今日は作りたくない…」そんな日こそ外食を!

「今日はちょっと料理する気分じゃないなぁ…」という日があります。
そんな日こそ、外食にしましょう。

冷凍食品同様に、日本では味わえない、現地ならではの味が外食です。大学内のカフェテリアはもちろん、街中のレストランで外食を楽しみましょう。

ちなみに、筆者の留学先のアメリカでは、多くの大学生がデリバリーピザを注文していました。日本のピザとは違う、本場でしか味わえない味でした。

興味がある方は、「アメリカでドミノピザ!ネット注文の方法を画像付きで解説」の記事を参考に、ぜひデリバリーピザに挑戦してみてください。

まとめ

というわけで、今回は以上です。

留学経験がある筆者が、留学先で実際にしていた、簡単にできる自炊のメニューをご紹介しました。

留学先で自炊をすると、それがきっかけで様々な経験ができます。個人的には、英語学習とは違った、大きな経験ができたように感じています。

皆さんも、ぜひ留学中に自炊をされてみてはと思います。
この記事が、その参考になれば幸いです。

最後に、留学に役立つ記事をまとめておきます。

【アメリカでドミノピザ】ネット注文の方法

アメリカ留学中におすすめなのが、日本とは味が異なる本場のドミノピザです。
この機会に、ぜひ本場の味を!

【留学の持ち物】筆者のおすすめ5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました