【海外留学】日本から持っていって良かった持ち物【おすすめ5選】

高校生
中学生
留学の持ち物を知りたい大学生

海外留学って、日本から何も持っていけばいいんだろう?大体のものは現地でそろうのかな…。実際に留学した経験があるの方、日本から持って行って良かったものを教えてください。

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 【海外留学】日本から持っていって良かった持ち物【おすすめ5選】
  • 【留学の持ち物】「なるべく少なく」がポイント!

記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、大学生の時にアメリカ交換留学を経験。
現在は、中学生や高校生を中心に、TOEICや英検対策、受験対策などを指導しています。

この記事では、そんな筆者の経験を踏まえて、日本から現地に持っていって良かった持ち物をご紹介します。
また、持ち物を準備する際のポイントについても解説します。

※この記事の内容は、アメリカ留学に限らず、全ての海外留学で共通するものです。アメリカ以外の国に留学する方も、ぜひ参考にしてみてください。

【海外留学】日本から持っていって良かった持ち物【おすすめ5選】

筆者自身が、実際に留学先に持っていって良かった持ち物をご紹介します。

※正確には、持って行かなかったがために困り、後から家族にわざわざ送ってもらった物も含まれます。なので、かなり参考になるかと思います。

それでは見ていきましょう。

1.ノートパソコン

海外留学での必需品です。
授業で使用する、プレゼンテーションの資料を作成するのに使います。

※どんなノートパソコンでも構いません。プレゼンテーションの資料はPowerPointを使って作成するので、officeが入っていればOKです。

これから購入するなら、持ち運びしやすい、軽くて薄いものがおすすめです。
どれを選べば良いか分からない方は、Appleの「Mac Book Air」なら間違いないかと思います。

「海外ドラマで英語学習」がおすすめ!

留学中は、なるべくたくさんの英語を耳にすることが大切です。
インターネットで日本の番組を観ることができますが、なるべく英語漬けの毎日を心がけましょう!

筆者が実際にしていたのが、海外ドラマを使った英語学習です。覚えたての英語をすぐに試せる環境があるので、留学中の英語学習におすすめです。

なお、英語学習におすすめな海外ドラマと英語学習の方法については、「英語学習におすすめな海外ドラマ5選【英語学習のやり方も解説】」の記事で解説しています。

2.電子辞書

留学中に大活躍したのが電子辞書です。
膨大な数の知らない英単語と遭遇したので、かなり大活躍しました。

これから購入する方には、筆者が使っていたカシオの「EX-word」がおすすめです。

※外国語モデルの英語版です。

調べた単語をその場で単語帳に保存できる

おすすめ理由は、調べた単語を単語帳に保存できる機能があるからです。

会話中に知らない単語が出てくると、相手にスペルを確認し、その場で電子辞書で調べていました。そして、その単語を単語帳に保存していました。

帰宅後、単語帳に保存した単語をネイティブ音声を聴きながら一語ずつ復習していたので、かなり効率よく語彙力がアップしました。皆さんにもぜひ使って頂きたい、おすすめの機能です。

3.高校英語の参考書

高校英語の参考書を1冊持っていくことをおすすめします。
※参考書は1冊で十分です。

現地で英語を使って生活していると、日本では気にしなかったような微妙なニュアンスの違いや、細かな表現の違いを確認したいことがよくあります。

そんな時に役立つのが、かなり細かく解説されている高校英語の参考書です。

筆者は桐原書店の「総合英語Forest」という参考書を持っていきましたが、現在は絶版なので、その後継の「総合英語Evergreen」がおすすめです。
※内容は「総合英語Forest」とほとんど変わりません。

なお、総合英語Forestや総合英語Evergreenがおすすめな理由については、「留学の必須アイテム!おすすめ参考書「総合英語Forest」とは?」の記事で解説しています。

4.普段使っている文房具の予備

普段使っている文房具の予備を多めに持っていきましょう。

その理由は、現地で売られている文房具の品質が日本よりもかなり劣るからです。

実際に、現地で買った文房具のほとんどに満足できませんでした。

※書き心地やインクの質などが結構気になりました。

そこで、シャー芯やボールペン、消しゴムなど、普段使っている文房具を多めに持っていくことをおすすめします。

5.国際免許証

最後に、海外で自動車を運転する際に必要な国際免許証です。

留学中に旅行する際、レンタカーを借りて費用を仲間で割り勘にすれば、旅費を安く抑えることができます。

そこで、運転免許証を持っているなら、国際免許証を取得しておくことをおすすめします。

※国際免許証の申請は、各都道府県の運転免許センター、運転免許試験場、または指定警察署で受け付けています。詳しくは、各都道府県警のWebサイトを確認してみましょう。

【留学の持ち物】「なるべく少なく」がポイント!

留学の持ち物は、「なるべく少なく」がポイントです。

その理由は、たいていの物は留学先の現地で購入できるからです。
また、帰国の際には、お土産などの荷物があふれかえるからです。

最悪は、日本に空輸で送る方法もありますが、輸送費がビックリするくらい高いです。

なので、なるべくは日本からの持ち物は少なく、スーツケースにちょっとスペースが残るぐらいが理想です。

※帰国時に使う、大き目のバッグなどを折りたたんでスーツケースに入れていくのもありかと思います。

まとめ

というわけで、今回は以上です。

実際に留学を経験した筆者が、日本から現地に持っていって良かった持ち物をご紹介しました。また、持ち物を準備する際のポイントについても解説しました。

留学前はいろいろなことに不安に感じて、あれこれ持っていきたくなるかと思います。しかし、たいていの物は現地で購入できます。ですので、この記事でもご紹介した、現地では購入できないものを中心に持っていくことをおすすめします。

この記事が、その参考になれば幸いです。
それでは、最高の留学生活を!

最後に、留学に役立つ記事をまとめておきます。

留学前に英会話を勉強したい方向け

留学先の食事が気になる方向け

留学先での勉強法を知りたい方向け

コメント

タイトルとURLをコピーしました