【学力は遺伝する?】医者の子どもの学力が高い理由とは?

よくある質問

医者の子どもは、頭が賢いイメージがありませんか?子育て中の保護者の中にも、そんな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

難関中学を目指す小学生や、有名私立小学校に通う小学生には、親が医者だという場合が少なくありません。親が医者の場合、子どもの学力は高い傾向にあるのでしょうか?

  • 医者の子どもはどうして学力が高いイメージがあるの?
  • 親の学力は子どもに遺伝するの?
パンダ先生
パンダ先生

このような疑問にお答えします。

そこで、この記事では

【学力は遺伝する?医者の子どもの学力が高い理由
についてお話しします。
この記事の内容
  • 親の学力は子どもに遺伝するのか?
  • 医者の子どもが学力が高い理由とは?
  • 何が子どもの学力に影響するのか?
パンダ先生
パンダ先生

塾講師と家庭教師として、10年以上にわたって小・中・高校生を指導している、私パンダが解説します。

学力は遺伝しない

塾や家庭教師の先生をしていると、保護者の方からこんな悩み相談を受けることがあります。

主人も私もいい大学を出ているのに、どうしてうちの子は成績が悪いのでしょうか?

読者の皆さんの中にもそんなことを考えたことがある方もいるかもしれませんね。

親の学力って、子どもへ遺伝するのでしょうか?

その答えは…

結論:親の学力は、子どもへ遺伝しません。

親である自分たちが高学歴だからといって、生まれてきた子どもに過度な期待を抱くことには、注意が必要なようです。

学力は遺伝よりも環境が影響する

脳科学の世界や医学の世界では、学力について、親の遺伝は少ないと考えられているようです。

子どもの学習能力に最も影響を及ぼす脳の発達において、脳科学の世界では、親の学力の影響は少ないと考えられています。

子どもが誕生してから、割と早期に発達する身体的な特徴は、親の遺伝を大きく受けると言われています。一方、思考・感情・理性といった特徴は発達が遅く、これらの特徴は親の遺伝よりも環境が大きく影響すると考えられています。

医学的には、「知的能力は一部母親から子どもへ遺伝する」ことが論文もなどで発表されており、そうした観点から「子どもの学力は母親の学力で決まる」という意見もあります。

遺伝子を調べれば、子どもの能力が分かる

NHKスペシャルやニュースZEROなどでも紹介されたことがある、「GIQ子ども能力遺伝子検査キット」を使用し、子どもの遺伝子を調べれば、その遺伝子情報から子どもの能力を調べることができます。

番組や公式サイトによると、子どもの遺伝子情報から得られる、ゲノム、知能、指数の3つの情報を調べることで、集中力や記憶力をはじめ、学力能力、身体能力、感性能力など、どのような能力が優れているのかが分かるそうです。検査することで、親はもちろん、本人がまだ気づいていない能力を発見できる可能性があります。

自宅で簡単に検査でき、日本国内の遺伝子検査機関が検査を担当するため、安心して利用できるおすすめのサービスです。興味がある方は公式サイトをご確認ください。

» GIQ子ども能力遺伝子検査「公式サイト」はこちら

親が高学歴でも、子どもの学力が高いとは限らない

遺伝ではなく本人の努力で学力は定着します。

よくも悪くも、多くの保護者が勘違いしていることは、親の学力が自身の子どもの学力に影響すると考えていることです。

学習塾の講師や家庭教師をしていると、子どもの学力に関する質問を受けることがよくあります。

その中で、次のような質問をよく耳にします。

  • 両親が高学歴なのに、なぜ子どもの学力が低いのか?
  • 上の子は学力が高いのに、どうして下の子は学力が低いのか?

子どもの学力を自分や家族の誰かと比較して、「なぜ、この子は学力が低いのか?」と思ったことはありませんか?

14年にわたって、塾講師と家庭教師として多くの子どもたちを指導してきて感じることは、子どもの学力は親の学歴とはまったくの無関係だということです。もちろん、私の個人的な意見でしかありませんが、高学歴な親ほど自分の子どもの学力が高いはずだと思い込んでいる傾向にあるように感じます。

学力は遺伝ではなく、環境が影響する

塾講師をしていると、医者の子どもの学力が高い印象があります。

学歴が子どもに遺伝しないにも関わらず、どうして医者の子どもの学力が高い印象があるのでしょうか?

ここでは、塾講師と家庭教師として働く私が感じる、親が医者の子どもへ及ぼす影響についてお話しします

私の生徒の保護者の中にも、父親か母親、または両親そろって「医者」という家庭がいます。

そのような保護者と話をしていると、子どもの将来について小学生の頃から、早い保護者だと小学生より前からしっかりと考えている印象を受けます。

その具体的な内容は、下記の2点です。

  • 幼い時期からどう育てると学力が伸びるか
  • どの時期にどのような環境に子どもを置くか

これらの考えは、恐らく自分自身の子どもの頃の実体験を踏まえて、どうすれば医者を目指せる学力が定着するのか、という考えに基づいていると思われます。

自分たちが医者になった経験から、学力は遺伝ではなく幼い頃の環境が影響することを理解されているように感じます。学力は確かに遺伝しませんが、自分たちの経験を子どもへ環境という形で伝えることで、子どもの学力への影響を及ぼしているのではないでしょうか?

プロ家庭教師おすすめ!子どもの能力を鍛える幼児教育とは?

子どもの能力は、遺伝ではなく育つ環境が大きく影響します。その代表例が、読書習慣や幼児教育だと言われています。

ここでは、プロの家庭教師がおすすめする、子どもの能力を鍛えるおすすめの幼児教育をご紹介します。

子どもをバイリンガル脳に育てる英語教材

幼児教育でも有名な英語教材の中でも、最もおすすめなのが、【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式> です。

この英語教材は、6歳児以下の幼児をバイリンガルに育てるための英語CD教材です。35日という短期間でネイティブの子供達が日常で使う英会話、約700フレーズを身につけることができる教材のため、『早いうちから実践的な英語を覚えさせたい』、『積極的に英語で発話してほしい』という方におすすめです。

楽天の「教材ランキング」、「学び・サービスランキング」、「英語ランキング」、「通信講座・通学講座・教材ランキング」の4部門で1位を獲得していることから、幅広く支持を集めている幼児教育の英語教材です。

» 「世界の七田式」公式サイトはこちら

要注意!子どもへの過度な期待は逆効果にも

StockSnap / Pixabay

子どもへの過度な期待は、かえって逆効果となることもあり、注意が必要です。

あまりに期待を持ちすぎて、子どもへの暴言や叱責が日常的になり、子ども自身を追い詰めていることがよくあります。

  • あなたはなぜできないの?
  • お兄ちゃんはできるのになぜ弟のあなたは成績が悪いの?
  • やる気あるの?

こんな言葉を日常的に言われた子どもは、徐々に

  • 僕は勉強ができないダメな子どもなんだ
  • 勉強しても、どうせ次のテストも点数は上がらない
  • またお母さんに叱られるに決まっている

と思うようになり、自信も意欲も失っていきます。

特に、両親や兄弟と比較されたり、本人なりに頑張っているのにそのことは一切評価されず、テストの結果だけを見て、散々に言われた子どもは、もはや「親の期待が逆効果」になった典型的なケースです。

もちろん、親の愛情の裏返しあることは良く分かるのですが、塾講師をしていて、このような親を持つ子どもの中に、学力が高い子どもを私は見たことがありません。

やはり、自分自身が高学歴でも、子どもは自分とは別の一個人であり、その子の性格や能力をしっかり見極め、その子にあった教育環境を準備してあげることが大切ではないでしょうか?

確かに、子どもへの期待から、叱ってばかりいたわ…

子どもは叱るより褒めた方が成績が伸びる傾向があるのです。

そういえば、テストの結果ばかり気にして、努力を褒めてあげたことが無かったわ。

まとめ

今回の記事では、「テキスト【学力は遺伝する?】医者の子どもの学力が高い理由」についてお話ししました。

この記事のおさらいです。
  • 親の学力は子どもに遺伝しない
  • 子どもの学力は環境に影響される

この記事では、「医者の子ども」を例にお話ししましたが、これは何も医者に限った話ではありません。

学力の遺伝ではなく、親自身の経験を環境という形で子どもへ伝えることで、子どもの学力に影響を及ぼしているという例としてご紹介しました

最後に、子どもの学力や能力を伸ばすために役立つ、おすすめ情報をまとめておきます。

人気と実績で選ぶならこれ!おすすめ幼児教育

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式>
※35日でネイティブの子供達が日常で使う英会話、約700フレーズを身につけることができる教材。
(能力開発)速読と記憶術なら特許取得の川村式ジョイント速読術|仕事効率も上がる勉強法
※国内で100万人以上が利用する、業界で唯一特許を取得した速読トレーニングのオンライン学習教材。
オンライン速読・速聴プログラム「ソクノー速読」
※小学生から始められる、理解力を落とさずに速く読めるようになるオンラインサービス。

かしこい子どもを育てる環境とは?

かしこい子どもが育つ家庭環境については、「【プロ家庭教師おすすめ】かしこい子どもが育つ家庭環境とは?」の記事をどうぞ。

読書好きな子どもを育てる方法とは?

子どもに読書習慣を定着させる方法については、「【保護者必見】子どもに読書の習慣を定着させる方法とは?」の記事をどうぞ。

子どもを本好きに育てる方法については、「【本嫌いにさようなら】子どもを読書好きに育てる方法とは?」の記事をどうぞ。

子育てに関するご質問

小・中学生の保護者からの質問に関するその他の記事は、「子育てママのお悩みQ&Aまとめページ」からどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました