【中学生】部活と勉強を両立できない理由【両立する方法も解説】

※記事内にプロモーションを含む場合があります。

中学生
部活と勉強を両立できない中学生

部活が忙しくて定期テストで点数が取れない…どうすれば部活と勉強を両立できるんだろう?部活と勉強を両立する方法を教えてください。

このような悩み・疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 【中学生】部活と勉強を両立できない理由
  • 部活と勉強を両立する方法【ポイントは3つ】

記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、塾講師・家庭教師での中学生の指導歴17年ほど。これまでに、部活と勉強の両立に悩む中学生を数多く指導してきました。

この記事では、そんな筆者の経験を踏まえて、部活と勉強を両立できない理由について解説します。また、部活と勉強を両立する方法についても解説します。

※近年は学校の部活だけでなく、習い事が忙しい中学生も増えています。そんな中学生にも参考になる記事です。

【中学生】部活と勉強を両立できない理由

早速ですが、部活と勉強を両立できない理由について解説します。

これまでに、筆者が目にしてきた部活と勉強を両立できない中学生の代表的な理由を3つご紹介します。

それぞれの理由によって解決策も異なります。自分がどの理由に該当するか(どの理由に最も近いか)、診断してみましょう!

部活と勉強を両立できない理由

  • 理由①:部活で疲れて寝てしまう
  • 理由②:テスト勉強の時間を確保できない
  • 理由③:学習塾を休みがち

ざっくりとですが、上記の3つが最も多い理由です。

「部活と勉強を両立する方法」については後ほど詳しく解説しますが、まずは上記3つの理由とそれぞれの解決法について見ていきましょう。

理由①:部活で疲れて寝てしまう

運動部に所属している中学生に多いのが、「部活で疲れて寝てしまう」です。

「部活で疲れて、宿題だけしたら寝てしまいます。テスト勉強までする体力がありません。」という中学生ですね。

毎日「30分だけ」のテスト勉強を習慣化しよう!

理由①の解決策としては、宿題とは別に「毎日30分だけ」のテスト勉強を習慣化することです。

ポイントは、「30分だけ」と決めることです。

長時間のテスト勉強となると、気持ちが乗らず、なかなか始められないものです。「30分だけ」と決めることで、机に向かう気持ちに持っていこうという訳です。

具体的な勉強内容は、

  • 単元別漢字の暗記
  • 英単語の暗記
  • 学校のワーク

などで構いません。

定期テストの対策に必ずしなければいけない(または提出しなければいけない)内容を毎日少しずつ進めれば良いのです。

ただし、毎日欠かさず勉強しなければいけません。大切なことは、「毎日30分だけ」を習慣化することです。

理由②:テスト勉強の時間を確保できない

続いて多いのが、「部活が忙しくて、テスト勉強の時間を確保できない」です。

特に、テスト前やテスト期間中でも部活がある中学生に多い理由です。

学校の部活ではなく、サッカーや水泳などの習い事をしている中学生も、テスト期間中に大会があることも珍しくないですね。

テスト勉強の計画を立てよう!

理由②の解決策としては、テスト勉強の計画を立てることです。

テスト前やテスト期間中の部活(または習い事)の予定を考慮して、テスト勉強の計画を立てましょう。

その際、

  • テスト勉強にどれくらいの時間が必要か?
  • テスト勉強の時間を確保できない日はいつか?
  • いつからテスト勉強を始めるべきか?

などを自分で分析します。

その上で、カレンダーや予定表に具体的な計画を記入していきましょう。

頭でなんとなく考えるだけではなく、毎日見えるところに貼っておくことがポイントです。

理由③:学習塾を休みがち

最後に、「部活が忙しくて、学習塾を休みがち」です。

部活の練習や試合の影響で、普段の授業やテスト前の授業を休まざるを得ない中学生ですね。

休まなくて良い習い事に切り替えよう!

理由③の解決策としては、学習塾から「休まなくて良い」習い事に切り替えることです。

学習塾に限らず、どんな習い事でも出席しなければ効果は得られません。休みがちなら、今後継続してもほとんど効果は期待できません。

そこで、部活があっても休まなくて良い家庭教師や通信教育などに切り替えることをおすすめします。

実際、家庭教師や通信教育は自分の都合に合わせて受講できるので、部活と勉強の両立にはピッタリです。

部活と勉強を両立する方法【ポイントは3つ】

ここからは、上記の3つの理由とそれぞれの解決策を踏まえた上で、部活と勉強を両立する方法について解説していきます。

ポイントは下記の3点です。

部活と勉強を両立する方法

  • ポイント①:毎日「30分だけ」のテスト勉強を習慣化する
  • ポイント②:テスト勉強の計画を立てる
  • ポイント③:休まなくて良い習い事を利用する

それぞれのポイントごとに解説します。

ポイント①:毎日「30分だけ」のテスト勉強を習慣化する

まずは、毎日「30分だけ」のテスト勉強を習慣化しましょう。

1日たった30分でも、毎日継続すればかなりの勉強時間が確保できるはずです。

習ったことをすぐに復習する方が、時間が経ってから復習するよりもずっと定着しやすいですよ。

ポイント②:テスト勉強の計画を立てる

続いて、テスト勉強の計画を立ててみましょう。

最初は失敗しても構いません。それを次回以降のテスト勉強の計画の参考にすれば良いのです。

大切なことは、無計画にテスト勉強をしていてはいけないということです。それでは、いつまで経っても状況は改善しません。

テスト勉強の計画をカレンダーや予定表に書いて毎日見てください。少し難しい言い方ですが、自分自身を客観的に分析できるようになりますよ。

なお、テスト勉強の計画の立て方については、「【中学生】塾なしでの定期テストの勉強法【おすすめ問題集も紹介】」の記事で解説しています。

ポイント③:休まなくて良い習い事を利用する

最後に、定期テスト対策に習い事を利用するなら、部活が理由で休まなくても良いサービスを利用しましょう。

個人的には、部活の予定を優先できる家庭教師や通信教育がおすすめです。

それぞれのおすすめ理由は下記の通りです。

家庭教師・通信教育のおすすめ理由

  • 家庭教師:欠席した授業を無料で振り替えられる
  • 通信教育:好きな時間に受講できる

学習塾とは違い、自分の都合に合わせて受講できるので、部活と勉強を両立させたい中学生にはピッタリです。

特に、ポイント②で紹介した「テスト勉強の計画」を一緒に立ててもらえる家庭教師は筆者のイチオシです。

なお、筆者が実際に行っている家庭教師の指導内容は、「部活・習い事と勉強の両立には家庭教師がおすすめな理由【3つある】」の記事で公開しています。

また、筆者がおすすめする通信教育は「【無料お試しあり!】中学生におすすめな通信教育5社【プロが比較】」の記事にまとめておりまして、無料のお試し期間などもあるので検討されてみてはと思います。

まとめ:行動しなければ改善しません

というわけで、今回は以上です。

中学生が部活と勉強を両立できない理由について解説しました。また、部活と勉強を両立する方法についても解説しました。

行動しなければ改善しません。

この記事でご紹介した3つのポイントをヒントに、部活と勉強の両立を目指しましょう!

この記事が、その参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました