【家庭教師バイト】家庭教師センターの面接、筆記試験の対策とは?

家庭教師

家庭教師のアルバイトを始める際、まず初めに家庭教師センターに講師登録をする必要があります。その際、家庭教師センターで面接や筆記試験を受ける必要があります。

  • 面接ではどんなことを聞かれるの?
  • 筆記試験の結果によっては、不採用になるの?
  • 面接や筆記試験の内容と対策方法は?
パンダ先生
パンダ先生

このような疑問にお答えします。

そこで、この記事では

【家庭教師のアルバイト】家庭教師センターでの面接、筆記試験の内容と対策

について解説します。

この記事の内容
  • 家庭教師センターに講師登録する方法とは?
  • 面接で質問されることとは?
  • 筆記試験の内容とは?
  • 面接や筆記試験の対策方法は?
パンダ先生
パンダ先生

家庭教師歴10年以上の、私パンダが解説します。

家庭教師センター ▶講師登録の方法は?

家庭教師センターには、インターネットで簡単に登録できます。

家庭教師を始める際、まず初めに家庭教師センターに講師登録する必要があります。

講師登録は、インターンネットで家庭教師登録センター家庭教師アルバイト一括登録ナビの公式サイトから一括登録できます。

これらのページの入力フォームに必要事項を記入し送信するだけで、大手10社をはじめとする家庭教師センターに一括で講師登録することができるので、初めて登録する人にはおすすめです。

» 今すぐ「家庭教師登録センター」で一括登録をする場合はこちら

» 今すぐ「家庭教師アルバイト一括登録ナビ」で一括登録をする場合はこちら

なお、家庭教師センターへの一括講師登録の詳しい方法については、「最短5分で完了!家庭教師バイトおすすめ一括講師登録の方法とは?」の記事をどうぞ。

面接と筆記試験の内容とは?

家庭教師センターに講師登録する際、面接や筆記試験を受ける必要がある場合があります。

家庭教師センターによっては、講師登録時に面接や筆記試験を受ける必要があります。家庭教師センターから電話などで連絡があり、後日に面接と筆記試験のために家庭教師センターに出向きます。

面接ではどんなことを聞かれる?

家庭教師センターでの面接では、どんなことを聞かれるのでしょうか?

面接では、主に指導経験や合格実績の他、下記の内容を質問されます。

  • 出身中学や出身高校、大学名
  • 指導可能な学年や教科
  • 指導可能な曜日と時間
  • 志望動機
  • 指導方針や家庭教師についてのあなたの考え

面接の中で最も回答が難しい質問は、「指導方針や家庭教師について、あなたの考えを聞かせてください」といったような、指導に関する質問です。

初めて家庭教師をする場合は、あなたの指導への熱意や、どのような指導をしたいのかを答えれば構いません。指導経験がある場合は、経験を踏まえて、家庭教師として指導時に気を付けていることや、あなたの指導方針や考えを答えましょう。

筆記試験の内容とは?

筆記試験の内容や難易度は家庭教師センターによって異なります。

家庭教師センターへの講師登録の際、面接の他に筆記試験がある場合があります。筆記試験の内容や難易度は、家庭教師センターによって異なります。

筆記試験の教科は?

気になる筆記試験の受験教科は、基本的には選択できる場合がほとんどです。面接時やアンケートで自分自身が指導可能だと答えた教科の筆記試験を受験します。

英語や数学はどの家庭教師センターでも受験可能ですが、理科や社会は家庭教師センターによっては受験できない可能性があるので、注意が必要です。

試験時間は?

試験時間も家庭教師センターによって異なります。1教科受験で60分という家庭教師センターもあれば、2教科受験で計40分という家庭教師センターもあります。

しかし、基本的には試験時間が足りないということはほとんどありません。

試験時間に相応しい問題数の試験がほとんどです。

試験の難易度は?

試験の難易度はそこまで高くはありません。基本的な問題を中心に構成されていますので、筆記試験のために予習をする必要はないと思います。

ただし、プロの家庭教師だけを募集している「家庭教師の名門会」などは、筆記試験の難易度は高めです。

パンダ先生
パンダ先生

プロの家庭教師を目指す場合には、指導年数だけでなく、高い学力が求められます。

面接・筆記試験に向けた対策は?

面接や筆記試験では、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

ここでは、家庭教師センターでの面接と筆記試験に向けた対策とで注意点についてまとめました。

これから面接や筆記試験を受ける人は、是非参考にしてください。

「家庭教師としての自覚」を持って面接にのぞむ

家庭教師の面接にのぞむ際、最も注意すべきことは、

自分が家庭教師の先生であるという自覚を持つことです。

たとえ大学生であっても、家庭教師はあくまで「先生」です。生徒も保護者も、あなたのことを「学生」である以前に「先生」として見ています。

そんな家庭教師の「先生」として、あなたが相応しい人物であることを面接でアピールしましょう。

志望動機や指導方針をまとめておく

面接時に必ず質問される内容として、「志望動機や指導方針」などがあります。

これまでに家庭教師としての指導経験があれば、その経験を踏まえて志望動機や指導方針について、あなたの考えをまとめておきましょう。

一方、はじめて家庭教師のアルバイトをする場合は、志望動機を正直に話すと良いでしょう。

「子どもが好き」、「指導する仕事に挑戦してみたい」など、率直な気持ちで構いません。指導方針については、「生徒の質問に熱心に答える」、「テストでの点数アップを目標に指導する」など、たとえ未経験でも、あなたが考える指導方法をまとめておくと良いでしょう。

誠実さと責任感をアピールする

家庭教師として面接で最もアピールしたいことは、誠実さ責任感です。

家庭教師というアルバイトは、他のアルバイトとは異なる側面があります。それは、「先生」と呼ばれる立場だということです。

先生である以上、指導時だけでなく普段の立ち振る舞いでの人柄が求められます。指導実績や指導年数よりも、先生として頼りがいがあるか、熱心かどうか、そして何より責任感があるか、が大切です。

実際に、家庭教師の業務は指導だけでなく、生徒や保護者から相談を受けることもあります。そんな「先生」と呼ばれる仕事に対し、誠実に、そして責任を持って取り組む姿勢を面接ではアピールすることが重要です。

筆記試験の合格ラインは?

筆記試験は、何点以上で合格なのでしょうか?

多くの家庭教師センターで筆記試験を実施しているということは、筆記試験の結果が採用の合否に影響があると考えるべきです。しかし、明確な合格ラインは誰にも分かりません。

その一方で、これまで10社以上の筆記試験を受験してきた私が感じたことは、ほとんどの家庭教師センターの筆記試験の難易度がそこまで高くないということです。

60点未満を取らないように注意

なぜ、筆記試験の難易度はそこまで高くないのでしょう?

その理由は、家庭教師センターが家庭教師に対し、高い学力ではなく家庭教師として必要な基礎学力を求めているからだと考えられます。そこで、筆記試験ではあなたが基礎学力を持っていることを証明することが大切です。

よっぽど筆記試験の成績が悪い場合や、不真面目な答案でない限り、不採用になる可能性は低いと考えられます。筆記試験では自分が得意な問題から手を付け、60点以上を取るように心がけましょう。

筆記試験よりも学歴や指導経験が重視される

家庭教師センターが重視しているのは、あくまであなたの学歴や指導経験であり、筆記試験の結果は参考程度の可能性もあります。そもそも、たった1回の筆記試験であなたの正確な学力を測ることはできません。

パンダ先生
パンダ先生

筆記試験に対して過度に身構えるのではなく、あなたのやる気や熱意を面接でアピールすることをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、「【家庭教師のアルバイト】家庭教師センターでの面接、筆記試験の内容と対策」について解説しました。

この記事のおさらいです。

  • 家庭教師センターへの講師登録は、インターネットで一括でできる。
  • 家庭教師センターでの面接では、家庭教師の自覚を持ってのぞむことが大切。
  • 家庭教師センターでの筆記試験では、60点未満を取らないように注意する。

初めて家庭教師のアルバイトをする場合、面接や筆記試験に対して誰でも不安を感じるものです。

しかし、家庭教師センターから面接や筆記試験のために来社を依頼されたなら、あなたが家庭教師として必要な人材だと認められた証拠です。ですから、自信を持って堂々と面接と筆記試験にのぞんでほしいと思います。

最後に、大学生や社会人の家庭教師アルバイトに関する、おすすめ情報をまとめておきます。

家庭教師の始め方と指導開始までの流れ

家庭教師の始め方と、指導開始までの流れについては、「初心者でも簡単!家庭教師バイトの始め方と指導開始までの流れ」の記事をどうぞ。

家庭教師アルバイトの注意点

家庭教師アルバイトを引き受ける際の注意点については、「確認しないと危険!家庭教師バイトを始める際の3つの注意点とは?」の記事をどうぞ。

家庭教師センター ▶一括講師登録の方法

この記事でもご紹介した、複数の家庭教師センターに一括で講師登録する方法については、「最短5分で完了!家庭教師バイトおすすめ一括講師登録の方法とは?」の記事をどうぞ。

家庭教師アルバイトの関連記事

大学生・社会人向けの家庭教師アルバイトに関するその他の記事は、「【大学生・社会人向け】家庭教師アルバイトの完全ガイド」からどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました