【浜学園】公開テストの偏差値を最短でアップさせる方法【プロが解説】

※記事内にプロモーションを含む場合があります。

受験生の母親
公開テストの成績に悩む浜学園生の母親

公開テストの偏差値が上がりません…。どうすれば公開テストの偏差値が上がるんだろう?公開テストの偏差値を最短でアップさせる方法を教えてください。

このような悩み・疑問にお答えします。

この記事の内容

記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、家庭教師での浜学園公開テスト対策の指導歴18年ほど。これまでに、100人以上の浜学園生を指導してきました。

この記事では、そんな筆者の経験を踏まえて、公開テストの偏差値を最短でアップさせる方法について解説します。また、プロ家庭教師の筆者ならどうやって公開テストの偏差値をアップさせるか、その方法についても解説します。

※公開テストの成績に悩んでいる方や、公開テストの偏差値を最短でアップさせたい方に参考になる記事です。

【浜学園】公開テストの偏差値を最短でアップさせる方法

浜学園の公開テストは難易度が高いことで有名です。特に、小5から小6にかけて難易度はどんどん上がっていきます。

そのため、受験生本人と保護者だけではなかなか対策しきれず、放っとおくと状況はどんどん悪化していきます。

親子だけでの対策には限界があります

浜学園に限らず、中学受験の進学塾を親子だけで乗り切るのは至難の技です。

  • 膨大な量の宿題
  • 難易度の高い公開テスト
  • 夏期講習や日曜特訓などの講習の多さ

と、想像をはるかに超える内容と量に驚かれた保護者も少なくないはず。

成績が悪くなった頃には、どこから手をつけたら良いのか分からない。解説を読んでも分からない。そんな状況ではないでしょうか?

でも、安心してください。このように感じているのは、あなただけではありません。ほとんどの保護者が同じことを感じています。

そこで、公開テスト対策の指導歴18年の筆者が、上記のような状況からでも、最短で偏差値をアップさせる方法について解説します。

結論:プロ家庭教師を併用するのがベストです

ありきたりな答えかもしれませんが、公開テストの偏差値を最短でアップさせたいなら、プロ家庭教師を併用すべきです。

なぜなら、お子さまの年齢が幼い中学受験では、本人の努力だけではどうしても超えられない壁があるからです。そして、実際に多くの受験生がプロ家庭教師を併用しているからです。

しかも、プロ家庭教師は公開テスト対策を何十年も指導しているので、公開テストの偏差値の上げ方を熟知しています。

そんなプロ家庭教師にとって、偏差値30台から(平均点を意味する)偏差値50くらいまで押し上げることは、それほど難しいことではありません。

そこで、プロ家庭教師が実際にどうやって公開テストの偏差値を上げるのか、具体的な方法について次の章で解説していきます。

プロ家庭教師の筆者ならこうやって偏差値を上げる!【3ステップで解説】

ここからは、プロ家庭教師の筆者がどうやって生徒の公開テストの偏差値をアップさせているのか、その方法を3ステップで解説していきます。

プロ家庭教師の併用に興味を持った方は、お子さまにも効果が期待できそうか、ぜひ参考にしてみてください。

偏差値アップの方法【3ステップ】

  • ステップ①:点数が取れない原因を理解する
  • ステップ②:公開テストのやり直しをする
  • ステップ③:「公開テストの過去問」を解く

ザックリと書くと上記のような感じです。
それぞれのステップごとに詳しく解説していきます。

ステップ①:点数が取れない原因を理解する

まずは、点数が取れない原因を理解しなければいけません。

算数のように、「かけ算が苦手です」というように苦手な単元がはっきり分かれば早いのですが、そこまで単純ではありません。

例えば、国語の点数が取れない場合、

  • 物語文や説明文の内容を理解できない
  • 適語を物語文・説明文から抜き出せない
  • 記述問題が上手く答案できない
  • 選択問題の正誤が分からない

など、原因は様々です。

そして、それぞれの原因によってすべき対策は異なります。

問題文や説明文の内容を理解できないなら、まずは語彙力を増やさなければせん。選択問題の正誤が分からないなら、正誤の見分け方を鍛えなければいけません。

やってはいけないのは、問題集をたくさん買い込んで、片っ端から解くことです。これでは非効率ですし、なかなか点数アップに繋がりません。

点数が取れない原因を理解し、それを取り除くだけで良いのです。

ステップ②:公開テストのやり直しをする

と言いますのも、ほとんどの受験生が公開テストのやり直しをしません。その結果、いつまで経っても同じような問題を解けずにいます。これでは偏差値が上がるはずがありません。

それを身を持って理解するために、直近1年間の公開テストを引っ張り出してやり直します。

やり直しの方法はここでは省きますが、きっと同じような問題を繰り返し間違えていたことに気づくはずです。やり直しさえしていれば、とっくに正解できたはずです。

ステップ①とステップ②に共通する大切なことは、「受験勉強は量より質」だということです。

偏差値を最短で上げたいなら、「その原因を知れ!そして、不正解をすべてやり直せ!」たったこれだけで良いのです。

ステップ③:「公開テストの過去問」を解く

最後に、「公開テストの過去問」を解くというのも大いに効果が期待できます。

残念ながら、「公開テストの過去問」は問題集として販売されていませんので、メルカリやヤフオクなどで(やや高額なものを)購入しなければいけません。

それでも、公開テストは毎年同じような問題が出題されているので、先回りして解いておくことで点数アップに繋がるはずです。

また、「公開テストの過去問」と「今年度の公開テストの過去回」の出題傾向から、「次回の公開テスト」の出題予想をします。そこを集中的に勉強しておけば、点数アップに繋がることは言うまでもありません。

もちろん、プロ家庭教師を併用して、「公開テストの過去問」を解いているライバルがいることを忘れてはいけません。

よくある質問:おすすめの家庭教師派遣会社はどこですか?

結論として、浜学園に対応した「進学塾対応コース」がある会社がおすすめです。

理由は、浜学園の公開テスト対策に精通したプロ家庭教師を派遣してもらえるからです。

筆者も各社の「進学塾対応コース」から派遣されていますし、家庭教師を併用する受験生のほとんどが「進学塾対応コース」を利用していると思います。

なお、浜学園対応の「進学塾対応コース」がある家庭教師派遣会社は、「【中学受験】浜学園と併用できる家庭教師派遣会社【おすすめ3社】」の記事にまとめています。

まとめ

というわけで、今回は以上です。

公開テストの偏差値を最短でアップさせる方法について解説しました。また、プロ家庭教師の筆者ならどうやって公開テストの偏差値をアップさせるか、その方法についても解説しました。

繰り返しになりますが、公開テストの偏差値を最短でアップさせたいなら、その方法を熟知しているプロ家庭教師を併用すべきです。

また、実際に多くの受験生がプロ家庭教師を併用していることも忘れてはいけません。

状況が悪化すればするほど、偏差値アップに必要な時間がどんどん長くなってしまいます。手遅れになってしまう前に、今すぐに手を打つべきです。

特に、志望校を諦め賭けている保護者の方には、最後のチャンスだと思ってプロ家庭教師に賭けてみてほしいと強く思います。

この記事が、みなさんの背中を押せたなら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました