【中学受験】家庭教師はプロ講師にしないと後悔します【理由は3つ】

小学生
受験生の母親
家庭教師を探している受験生の母親

中学受験に家庭教師を利用したいけれど、プロ講師にした方がいいのかしら…。どうすれば優秀なプロ講師を見つけられるの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 結論:【中学受験】家庭教師はプロ講師にしないと後悔します
  • 優秀なプロ講師を見つける方法

この記事を書いている筆者は、家庭教師歴16年ほど。
学生講師を経て、現在はプロ講師として中学受験を指導しています。

学生講師とプロ講師を経験した筆者が、中学受験で家庭教師を利用するなら、プロ講師にしなければ後悔する理由について解説します。

結論だけ書くと、「中学受験の家庭教師は、学生講師ではなくプロ講師を選んでください」です。

結論:【中学受験】家庭教師はプロ講師にしないと後悔します

理由は3つあります。

  • 理由①:指導内容が難しいから
  • 理由②:様々な悩みを相談できるから
  • 理由③:通っている塾の指導法に対応できるから

上記の通りでして、それぞれ解説していきます。

理由①:指導内容が難しいから

先にお話ししておくと、家庭教師を利用する際に、最もプロ講師を利用すべきなのが中学受験です。高校受験でも大学受験でもありません。

その理由は、家庭教師にとって最も指導内容が難しいからです。
具体的には下記の通り。

  • 中学受験経験者しか学習しない内容を含む
  • 受験生の年齢が幼い

中学受験経験者しか学習しない内容を含む

私立中学の入学試験には、公立の小学校では学習しない、教科書には載っていない内容が含まれます。その代表的なものが、算数の特殊算です。

こうした内容は、中学受験経験者しか学習しません。そのため、中学受験を経験していない学生講師の中には、特殊算を学習したことがない講師も少なくありません。
※ちなみに、中学受験経験者は学年全体の1割ですから、学生講師の9割がこれに該当することになります。

筆者自身も中学受験経験者ではありません。そのため、学生講師として初めて中学受験を指導した際、特殊算を知らず満足な指導ができなかったことを覚えています。

受験生の年齢が幼い

年齢が幼い受験生の多くは、受験に対する自覚がほとんどありません。一方で、保護者の熱意は、いい意味で沸点を超えている方がほとんどです。

このギャップの中で、受験生を志望校に合格させることが家庭教師の仕事です。

自覚がほとんどない受験生に「自分自身の将来のために頑張ろう!」なんて言ったところで何も響きません。やる気スイッチが入らないまま入学試験当日を迎えることがほとんどです。

そんな中で、幼い受験生を志望校合格まで導くことは決して簡単なことではなく、文字通り「指導内容が難しい」のです。

理由②:様々な相談ができるから

中学受験では、様々な問題に直面します。

  • 塾の宿題
  • 家庭学習
  • テストの成績
  • 志望校
  • ゲーム・スマホ
  • 体調
  • やる気・意欲

代表的なものは上記の通り。
そして、個人的にはこのような問題は避けては通れないと感じています。

と言いますのも、お子様自身が受験勉強から少なからずストレスを感じているからです。その証拠に、受験勉強が長期化してくると、このような問題が起こりやすくなります。

実際に、このような問題に悩む保護者も多く、それが原因で親子や夫婦間で意見が対立することも珍しくありません。

そんな時に、最も的確なアドバイスができるのが、経験豊富なプロ講師なのです。

筆者自身も、保護者の様々な悩みや相談に対し、これまでの経験を踏まえてアドバイスをしています。

理由③:通っている塾の指導法に対応できるから

中学受験では、進学塾によって指導法が異なります。

例えば、算数の「食塩水の問題」でも解き方は3つあります。

  • (1) ビーカー法
  • (2) てんびん法
  • (3) 面積図

そして、通っている進学塾によって解き方が異なるのです。
ちなみに、(2)と(3)の解き方は中学受験経験者しか学習しない解き方です。

こうした様々な解き方に対して、どの解き方でも指導できるのがプロ講師です。一方、学生講師だと自分が指導できる解き方で教えようとします。

しかし、当然のことながら解き方は1つに統一すべきであり、通っている進学塾の指導法に家庭教師が合わせるべきです。そして、言うまでもないですが、プロ講師なら問題なく対応することができます。

優秀なプロ講師を見つける方法

中学受験の家庭教師は、プロ講師にしなければ後悔する理由が伝わったと思います。

ここからは、優秀なプロ講師を見つける方法について解説します。
と言いますのも、プロ講師だからと言って、優秀な講師とは限らないからです。

実際にプロ講師として活躍する筆者が、優秀なプロ講師がどのような家庭教師派遣会社で働いているのか、家庭教師目線でお話しします。

断言する:費用が安い会社に「優秀な講師」はいない

そもそも論ですが、家庭教師の仕事は登録制です。そのため、どの講師もあらかじめ複数の家庭教師派遣会社に登録しています。
そして、いずれかの会社から依頼されて指導を担当することになります。

ところで、家庭教師の費用は家庭教師派遣会社によって異なります。
費用が安い会社だと講師に支払われる指導料も安く、費用が高い会社だと講師に払われる指導料が高くなります。

そのため、優秀な講師ほど高い指導料が支払われる会社からの依頼を引き受けることになります。一方、指導料が安い会社からの依頼は断ります。

その結果、費用が安い会社では優秀な講師に依頼しても断られてしまうため、実質的には「優秀な講師がいない」という事態が起こってしまうのです。

※注意:学生講師と同じ指導料では働きません!
たまに、「学生講師と同じ費用でプロ講師を利用できます」などとうたっている家庭教師派遣会社がありますが、学生講師と同じ安い指導料で働く優秀なプロ講師などまずいません。プロ講師とは言っても、名ばかりの経験の浅い講師です。

どんな家庭教師派遣会社を選べば良い?

では、費用が高い会社を選べば優秀な講師が見つかるのかというと、一概にそうとも限りません。
結論は、「費用が安い会社を選ばない」です。

具体的には、下記のような家庭教師派遣会社がおすすめ。

  • 合格実績を公表している
  • 講師の採用基準が厳しい
  • 人気講師の予約ができる

まずは、「論より証拠」で最新の合格実績を公表している会社です。
学校名だけでなく、生徒や保護者の合格体験談があればなおよしです。優秀な講師がいなければ、公式サイトで公表できるような合格実績は残せませんからね。

もう1つは、優秀な講師がいることを裏付けできる会社です。
厳しい講師の採用基準を設けていたり、人気講師の予約制度があるような会社です。あるいは、講師の合格実績や指導年数、出身校などをこちらが指定できる会社なら大丈夫かと思います。

上記のような内容は、費用が安い会社にはできないことなので、そこが見極めのポイントかと思います。

なお、詳しい選び方のポイントについては、「【中学受験】失敗しない家庭教師派遣会社の選び方【ポイントは4つ】」の記事で解説しています。


また、筆者が個人的におすすめしている家庭教師派遣会社は、「入会金無料あり:指導者の筆者が中学受験におすすめする家庭教師5社」の記事にまとめています。

よくある質問:講師交代はできますか?

結論として、講師交代はどの家庭教師派遣会社でもできます。
そして、講師交代は珍しいことではありません。

たとえプロ講師であっても、お子様と相性が合わなかったり、こちらの要求に十分に応えられない講師もいます。筆者自身も、前任の講師に代わって指導を担当した経験は一度や二度ではありません。

プロ講師の費用は決して安くありません。それでもプロ講師を選ぶ理由は、学生講師よりも優秀であり、こちらの要求に応じてもらえるからです。

だからこそ、優秀なプロ講師に出会えるまでは妥協せず、講師交代を願い出ることも大切です。2人目、3人目で優秀なプロ講師に出会えることは、珍しいことではありません。

というわけで、今回は以上です。
プロ講師にすれば必ず志望校に合格できるというわけではありませんが、後悔はしないかと思います。個人的には、打てる手は打っておくことをおすすめします。

皆さんの家庭教師選びに、この記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました